From Kentaro Matsuo

THE RAKE JAPAN 編集長、松尾健太郎が取材した、ベスト・ドレッサーたちの肖像。”お洒落な男”とは何か、を追求しています!

Posts in the category

MENU

島田雅史さん

島田雅史さん

 ザ・クロークルーム代表取締役

text kentaro matsuo  photogaphy tatsuya ozawa

_UG28334

ジャケット¥204,000、シャツ¥26,000(ともにオーダー価格)The Cloakroom

銀座に昨年末オープンしたばかりのテーラー、ザ・クロークルームの島田雅史さんのご登場です。ザ・クロークルームは、今までにないオーダーメイド・ストアです。もともとはオーストラリアのブリスベンが発祥の地。現在はオーストラリアの他に、カナダのモントリオールにもショップがあります。イギリスやイタリア発のお店が多い中、これは異色です。オーストラリアのファッションって“クロコダイル・ダンディー”くらいしか思いつきませんが・・

「オーストラリアは長い間、ファッション後進国だとされてきました。ファッション雑誌がなく、情報が入ってこなかったのです。しかし、近年のSNSブームで、インスタグラムなどから、最新のファッション情報が手軽に入手できるようになりました。そこで好景気が続いていることもあり、一気にお洒落熱に火がついたのです」

_UG28373

現在オーストラリアでは、クラシック・ファッションが大ブームだそうです。しかも、オーストラリアのザ・クロークルームで売られているのは、ほぼすべて日本製の洋服だとか。

「実は私が前職のときに、日本の作り手を紹介したのです。もともと彼らはイタリアなどにオーダーしていたようなのですが、納期が遅く、不良品が多いことに悩まされていました。ところが日本の工場は、納期は早いし、作りも正確。それにオーストラリアでは、クリーンでキレイな作りの服が好まれるのです。そういった服作りは、日本が最も得意とするところですよね」

 

いわば逆輸入的に日本へ上陸したザ・クロークルーム。銀座のお店で扱っている服も、当然日本製です。

_UG28344

 ジャケットは、ザ・クロークルームのオリジナル。やはり日本が誇る尾州、葛利毛織のモヘアを使って、日本で仕立てたものです。

「これは自慢の新作です。19世紀の頃の洋服からヒントを得てデザインしました。胸に吸い付くようなシルエットでエレガントでしょう? パターンを作るのに1年かかりました」

 

ちらりと見えているホワイトのリネンベストも葛利毛織で作ったオリジナル。

「白いベストをトレードマークにしようかなと思っているんです」

 

パンツは、m039。パンタロナイオの尾作隼人さんが手がけたブランドです。

「尾作さんとは、同じ年で、いつも気になっている“心の友”のような存在です。以前尾作さんがこのブログに出たときも、しっかりチェックしていましたよ(笑)」

 

シャツは、ザ・クロークルームのオリジナル。生地は英国トーマスメイソン、縫製はポーランドになります

 

タイは、フランスのドーメル。ザ・クロークルームで扱っているものです。この店は、本当にインターナショナルですね。

_UG28349

カフリンクスは、英国のアリスメイドディス。

お店ではダブルカフスのシャツに力を入れているそうです。

 

シューズは、職人・江川治さん率いるアルテアルト。

「サウンドクリエイトという日本屈指の高級オーディオショップでオーダー会が開かれていたときに作ったものです。同時になぜか、ギャッベ(ペルシャ絨毯に似た高級敷物)オーダー会も開かれていました(笑)」

瀟洒な靴が店の床に敷かれた、豪華な大理石によくお似合いです。

_UG28356

現在ではメンズ・ファッションの世界では、名の通った存在となった島田さんですが、東京に出てきた頃は、何もかも知らない若者でした。

「生まれは茨城件の土浦です。地元のデル・ボマーズという(全国的に有名な)古着屋でバイトを始めたのが、この世界に入るきっかけでした。その後東京に出てきて、某アパレルブランドへ入ったのですが、その頃の私は本当に、何も知りませんでした。最初の配属で伊勢丹担当になったのですが、当時の私は、なんと伊勢丹デパートを知らなかったのです。『イセタンって何ですか?』と聞きました(笑)」

 

現在凝っているのは、写真撮影。ショップにはプロが使うようなカメラとストロボのセットが置いてありました。

「インスタグラムへ投稿する写真を撮影するために買いました。自分たちでやれば、お金もかからないし」

 

ファッション雑誌を生業としてきた私には、なんとも困った時代になってきました・・。でも、島田さんには昔からお世話になっているので、ぜひ成功していただきたいです!

_UG28366

THE CLOAKROOM TOKYO

東京都中央区銀座7-10-5 ランディック第3銀座ビル5階
TEL:03-6263-9976
https://thecloakroom.jp/

 

松田修和さん

松田修和さん

 ドーメル青山店 店長

text kentaro matsuo  photorgaphy tatsuya ozawa

_UG28239

 今年で創業176年の歴史を誇る老舗、ドーメルの青山店店長、松田修和さんのご登場です。ドーメルは会社はフランス、工場はイギリスにあって、その両者のいいところを取り入れた生地で知られています。がちがちのブリティッシュではなく、フランス風のスノビッシュな感じがするところが魅力なのです。

私もここんちのスーツを一着持っていますが、イギリスやイタリアのスーツとは、一線を画した存在感が魅力です。なんというか・・成熟した大人の色気といったものがあるんですよね。フランス贔屓の方には、ぜひお試し頂きたいブランドです。

_UG28271

スリーピースのスーツは、もちろんドーメル。

「こちらは“DORSILK”という生地を使って作りました。シルクとウールを混紡した生地で、シルクは55%ほども使われています。光りすぎない、上品な光沢が特徴です。春夏の素材として、まずおすすめしたいものですね。シルクは夏でもべたつかず、さらっとしているんです。普通はジャケット用として使うのですが、私はパンツも作ってしまいました」

 

スリーピース¥345,000(オーダー価格)、ネクタイ¥16,000 Dormeuil

 

ネクタイもドーメルの新作。

 

シャツは、パリで買ったトーマス・ピンクです。

「ドーメル以外のブランドも、よく買ってしまうんですよ。これは英国製らしいカッチリとした作りがいいですね」

_UG28276

カフスはドーメル。

「本国のCEO、ドミニク・ドーメル氏とお揃いです。しかし彼のものは、ゴールドでしたが(笑)」

 

シューズはナポリのパオロ・スカフォーラ。

「ハンドソーンでフィット感がいい。イタリア製なのに、ロングノーズではなく、英国っぽいところが気に入りました」

_UG28283

松田さんは、かつてミユキハンドレッドクラブという銀座のセレクトショップに在籍されていました。その名前を、懐かしく思い出される方も多いでしょう。

「愛知県の出身なので、名古屋に本社を持つ御幸毛織に入社しました。そこではいろいろなことを経験させてもらいました。ミユキハンドレッドクラブ時代に東京に異動になって、現在のバーニーズ ニューヨークの裏にあった店で働いていました。高級路線で、キートン、アットリーニ、ベルベスト、バルバにボノーラ・・いわゆるクラシコ・イタリアのブランドは全部扱いました(笑)」

 

その時の経験が、今の仕事に役立っているのは、言うまでもありません。

 

「かつてはテキスタイル・デザインを担当していたこともあり、服地を見ることが大好きなんです。生地のテクスチャーを見てしまうんですよね。例えば、今着ているチェックも、よく見ると明暗2種類のオレンジ色を使ってある。もしも同じオレンジだったら、もっと派手に見えるはずです。色というものに興味があって、かつて色彩コーディネイターの資格を受験して取得したこともあります」

 

色に対する知識を、現在の接客にも取り入れています。

 

「“顔映り”ということを気にしています。服地とお客様の顔を比べつつ、似合うかどうかを考えます。同じグレイ、同じネイビーでも、さまざまな色があり、肌の色によって似合うもの、似合わないものがあるのです」

 

なるほど、そういったことは、自分ではなかなかわからないですよね。どんな生地が自分に似合うのかわからない方は、ぜひ青山ツインタワーのドーメルへお出かけ下さい。松田さんの選ぶ生地なら、間違いなさそうです。

_UG28289

ドーメルの誇る春夏素材”DORSILK”

https://www.dormeuil.com/jp/