Tuesday, November 23rd, 2021

世界で一台のビスポークモデル
Ferrari BR20が誕生

 フェラーリが、オーナーの希望に添って唯一無二のデザインを生み出す「ワンオフ」シリーズの最新作「Ferrari BR20」を、本拠地であるイタリア・マラネッロで発表した。

 この世界で一台のビスポークモデルは、GTC4Lussoのプラットフォームをベースに開発された2シーターV12クーペになっており、1950~60年代のフェラーリ・クーペをオマージュしたエレガントなフォルムと、フェラーリ史に残るアイコニックな12気筒モデルを搭載。リアシートを取り外してキャビンボリュームを大胆に変革することにより、滑らかで美しい革新的なプロポーションを実現した。A ピラーからリアスポイラーにかけて流麗な2対のアーチがデザインされたほか、後方をえぐり空力的な通り道を設計することでモダンな印象にアレンジ。フロントグリルでひときわ目立つ水平の新スリットや、ボンネットがいっそう長く滑らかに見えるよう調整したヘッドライト、濃淡のあるダイヤモンド仕上げの20インチホイールなど細部にわたり特別な仕様を採用している。また、インテリアは、ブラウンのレザーとカーボンファイバーでトリミングされており、ダークブラウンのレザーにシルバーのクロスステッチを配したシートが存在感を醸している。

 オーナーが一年以上かけてデザインや検証のプロセスに加わり、跳ね馬のロゴを纏って完成した愛車は、贅沢の極みと言えよう。

 

 

フェラーリ・ジャパン

http://auto.ferrari.com/ja_JP/