From Kentaro Matsuo

THE RAKE JAPAN 編集長、松尾健太郎が取材した、ベスト・ドレッサーたちの肖像。”お洒落な男”とは何か、を追求しています!

小川カズさん

Saturday, May 25th, 2019

小川カズさん

ファッションディレクター&フォトグラファー

text kentaro matsuo  photography tatsuya ozawa,kaz ogawa

私の昔からの親友、小川カズちゃんです。

いろいろなブランド、ショップのディレクターやタレントのスタイリングをしています。ハワイに別荘を持っていて、1年のうち5、6回は訪れて、ゴルフばかりしているようです。まったく羨ましいヤツです。

 

今回の撮影は麻布にある彼の自宅で行いました。何度も雑誌の表紙を飾ったとてもカッコいい家です。ここは、まだこの家が建つ前から知っています。当時、彼と私は毎晩のように飲み歩いていたんですが、突然酔ったカズちゃんが

「そうだ、今度俺は土地を買ったから、その土地を見に行こう!」といったのです。こちらもベロベロだったので、「よし、行こう!」となり、ふたりで真夜中、何もない土地の上で、呆然としていたのを覚えています。確か、

「結構大きいね・・」と言ったような(笑)

家の完成パーティにも招かれて、またしても私は酔っ払ってしまい、新品の絨毯の上にシャンパンをこぼして、エラく怒られたこともありました。

 さて今回久しぶりにその家にいったら、外観がアイビーに覆われ、いい具合に古びています。(もう10年くらいはたったのかなぁ)と思い、カズちゃんに「ここって、建ててから何年経ったんだっけ?」と聞いたら、「築19年」と言われて愕然としました。(ちょっと前は、よく一緒に飲んでいたなぁ)とつい昨日のことのように思っていましたが、あれからもう20年も経っていたのですね。“十年ひと昔”といいますが、50歳を超えると、“ひと昔”は20年になります。

インタビュー中も、洋服の素材表示を確認するために、ふたり揃って老眼鏡を取り出す始末。われわれも歳をとったなぁ(笑)

しかし、その着こなしの巧みさは健在です。相変わらず色とパターンの組み合わせが抜群ですね。

「いつも色気があるスタイリングをしたいと思っている。自分が若かった頃は、クリエイターは個性を出さなければ勝負にならなかった。そこで当時流行っていたモノトーンではなく、イタリア風の明るい色を取り入れることにしたんだ。いつの間にか、それが自分流のスタイリングになった」

コットン×リネンのジャケットはタリアトーレ。

「堺(正章)さんのスタイリングで、よく使っているブランドだよ」

 

中に着たハイゲージ・ニットは、ヴァンドリ。骨董通りに店を構えるニット・ブランドで、カズちゃんが一部外注で商品プロデュースを手がけているそう。

 

コットン・パンツはPT01。

時計はランゲ&ゾーネの名作“ランゲ1”で、ストラップはオリジナルで作ったもの。

 

チェーン・ブレスレットは、ミスター・フェニーチェがやっているブランド、ヴォランテ。このブレスは往年の名レーサーにしてファッション・アイコン、故・福澤幸雄さんへのオマージュとして製作されたもの。レース中に事故に遭った際、すぐにわかるよう、裏に血液型が刻んであります。完全オーダーメイドで、チャーム部分にオリジナルの意匠を入れることができます。カズちゃんの場合は、愛犬グラ。

バングルはすべてハワイで買ったもの。“コアウッド”というハワイでは神聖とされる木で出来ています。コアウッドを専門に扱う、マーティン&マッカーサーという店に行くことが多いそう。

「ハワイには、相変わらずよく行っているんだけど、昔みたいに移住したいとは思わなくなった。日本人コミュニティが狭くて、なんだかムラ社会なんだよな・・」

青山生まれの青山育ち、生粋の都会っ子だからねぇ。

 

ベルジャン・シューズは、英国のボードイン アンド ランジ。いま皆んな履いてますね。

パターン・オン・パターンはカズちゃんの代名詞ですが(今回はクルマまで)、彼には、こういうのをうまく着こなす天武の才があります。それは父方の血かもしれません。

「ウチの父はとてもお洒落な人で、スーツはいつも英国屋でオーダーしていた。ぜんぶ石原裕次郎さんみたいな、太いストライプばかりでね。それをうまく着こなして、毎晩銀座に通っていたよ。50歳を過ぎても、顔にデキモノが出来たら、自ら化粧して隠すような人だった」

さて文中にも出てきましたが、カズちゃんが有名になったのは、あの芸能界一ともいわれる洒落者、堺正章さんのスタイリストになったからです。

もう30年以上、堺さんのスタイリングを担当しています。

「堺さんは本当にお洒落にウルサイ人で、それまでのスタイリストは全部ダメ出しをされていた。最初にお会いしたときには『ソックスを10足持って来い』と言われた。ソックスを見れば、その人のセンスがわかるというのが持論だったんだ」

 

そんな人を30年間も担当し続けるのは、さぞや大変と思いきや・・

「30年間で、言われたのはたったひとつだけ。『蜂がとまるポイントを作れ』ということ。それが色であり、柄であったと思っている。『こういうの着たい、ああゆうの着たい』と言われたことは一度もないよ。堺さんの凄いところは、あれだけのポジションを築いているにもかかわらず、自分を変えていけるところだね。新しい提案をすべて受け入れてくれるんだ。だからいつも新鮮に見える」

 

それは堺さんが、スタイリスト小川カズを心から信頼しているからでしょう。人づてに聞いた話だと、巨匠はカズちゃんを評して、

「アイツの色の感覚だけはスゴイ」と一目置いていたそう。

 さて、そんなカズちゃんがいま溺愛しているのが、愛犬“グラ”ちゃんです。実は以前にも“グリ”ちゃんという犬を飼っていたのですが、7年前に亡くなってしまったのです。その時の落ち込みようは、私もよく知っています。

「グリが死んでがっかりしていたとき、霊感のある人から『2年後に生まれ変わりに会えるから安心しなさい』と言われたんだ。そして2年後、たまたまグリを買ったペットショップのそばに、別のミニチュア・シュナウザーの専門店があるのを見つけた。一見さんお断りだったんだけど、ふらりと入って事情を話したら、なんとそこの店主はグリのブリーダーの息子さんだった。そして新しい愛犬グラに出会えたんだ。同時に生まれた10匹のうち、ソルト&ペッパーの毛並みはグラだけ。顔も体つきもそっくり。しかもグリの誕生日が3月14日で、グラの誕生日は3月15日。家に連れて帰ったら、しまってあったグリのオモチャを取り出して勝手に遊び始めた。これはどう考えても、生まれ変わりだろう?」

 

そう語るカズちゃんは、本当に嬉しそうでした。

そうそう、この人には意外と優しくて繊細なところがあるんですよ。

 

撮影が終わって、カメラマンが帰ったあと、インタビューになって、チェーン・ブレスレットと愛犬の話になって、私が「ああ、ブレスと犬の写真も撮っておけばよかったなぁ」と言ったら、自分で撮影して、すぐに送ってきてくれました。そういうところが、カズちゃんらしいなぁ。

 

※当ブログは、B.R.ONLINEでも御覧いただけます!

https://www.bronline.jp/blog/