From Kentaro Matsuo

THE RAKE JAPAN 編集長、松尾健太郎が取材した、ベスト・ドレッサーたちの肖像。”お洒落な男”とは何か、を追求しています!

Posts in the category

MENU

牧野孝一郎さん

牧野孝一郎さん

シャロン チーフ

text kentaro matsuo  photography susumu tsunoda

IMG_0799

最近、私やらフジタやらが入り浸っている南青山のセレクトショップ、シャロンの牧野孝一郎さんです。シャロンはサルトリア ソリートやシャマットなど超高級ブランドを扱っており、その独自の品揃えが高い人気を博しています。

1992年生まれ、弱冠25歳の牧野さんですが、紳士服業界におけるキャリアは7年に及びます。ここシャロンでも、チーフとしてフロアを任されているのです。

「私は大阪出身なのですが、シャロンのホームページを見て、そのラインナップに魅せられて、どうしてもここへ入りたいと思いました。そこで、面接を兼ねて上京したのです。実際にお店を訪ねたのは、この時が初めてでした」

ホームページだけで入社を決めてしまうところが、いかにも今の若者って感じです。

 

「弊社に置いてあるのは、皆何十万円もするような品ばかり。最初は怖くて商品に触ることすらできませんでした。初めてシャロンで売られている商品を自分で買って、袖を通した時には、あまりの着心地のよさ、そして肌触りのよさにびっくりしました。あの時の感動は忘れられません」

IMG_0828

ジャケットは、イタリア、プーリアのシャマット。一見クラシックなのに、よく見ると、ものすごく凝ったデザインやディテールを持っていて、お洒落上級者の間で話題のブランドです。

「盛り上がった肩山、丸い独特のポケット、深く切り込まれたベントなど、面白いディテールがいっぱいです。それでいて、着心地はとてもいいのです」

 

タイはナポリのE.G.カペッリ。

「ナポリのショップへ行った時に買いました。9cm幅の太めのツイルで、ヴィンテージの生地を使ったものです」

 

シャツはナポリのモンテサーロのス・ミズーラ。

パンツもナポリのレ・スパーデ。

IMG_0847

時計とチーフはしません。

「本当は自分の生まれ年である、92年のヴィンテージ時計が欲しいのですが・・」

シューズは、日本人靴職人、久内淳史氏が仕立てたイル・クアドリフォーリオ。

「私は扁平足で、甲が薄いのですが、そんな自分の足でも、うまく立体感を持った美しい靴を作ってくれました。味のある革がいいでしょう?」

使われている素材は、ホーウィン社のホースフロント。

 

もちろんすべて、シャロンにて扱っているアイテムです。

IMG_0860

コーディネイトで気をつけている点は、服の本来持っている力を引き出すこと。

「私は背が低く、肩幅が狭いので、それをカバーしてくれる洋服を選びます。背が低い人はコンパクトな服を着ると、ますます小さく見えてしまうので、ある程度肩幅があるものを選んだほうがいいのです」

背が低い人へのファッション・アドバイスには自信があるそうですから、お悩みの方は彼に相談するといいと思います。

 

「手縫いの文化を後世に伝えていきたいと思っています。どんどん職人さんがいなくなってしまっているのです。今のセレクトショップを担っているのは、4〜50歳代の人が多いですよね。20年後には、私もトップといわれるような人になっていたいです」

 

彼のような若者が、日本の、そして世界のファッションを背負っていくのだなぁと思いました。

IMG_0873

Sharon シャロン

東京都港区南青山6丁目6−21 グロービル青山1F 〜4F
Tel. 03-6418-5131
営業時間:12:00am〜20:00pm(不定休)
URL: http://sharon-shop.jp/

 

 

 

林博文さん

林博文さん

某英国ラグジュアリーブランド 銀座本店ジェネラルマネージャー

text kentaro matsuo  photography natsuko okada

_S5A0621

銀座界隈のブランド好きの間では、知らぬ者はいないといわれる有名ショップマネージャー、林博文さんのご登場です。業界では、販売の天才と言われており、若い頃から彼が店長になると、あっという間に売上げが伸びることで知られていました。ご出身は、大分県佐伯市というところ。

 

「もともとは九州の地元企業で働いていました。コンビナートを擁する大会社で、作業着にヘルメットを被っていたこともありました(笑)。でも、どうしてもファッションでメシを食うという夢を捨てられなくて・・。上京してファッションの学校へ通い始めたのです。そんな時、中野の丸井で販売補助のバイトをしました。そうしたら、なぜかメチャクチャ売れてしまって・・・販売って、面白いなぁと思いました」

 

DC全盛の時代、入社したブランドでは、すぐに売上げ上位となり、3年目にして店長に抜擢されました。そうしたら、その店が売上げ全国1位となりました。その後に携わったブランドでも、成績はずっと右肩上がり。

 

「どうしたら、そんなに売れるのですか? コツは何ですか?」との質問には、腕を組んでしばらく考えた後、

「単品を押し付けるということはしません。必ずトータルなスタイルをご提案します」

「ニーズと提案は違います。例えばあるアイテムを買いに来た人に、まったく別の、意外性のある商品をおすすめしたりします」

「お客様がまわりから、どう評価されるかということを考えています。その人が自分でも気付いていない自分を、見せてあげたいと思うのです」

 などなど。

 林さんと私のご縁は古く、もう知り合ってから、15年以上になります。基本的にはラグジュアリーブランドのプレタポルテをご担当なさっていますが、林さんの得意技は、それぞれの顧客に合わせた、きめ細やかなお直し&オーダーメイドで、私も昔はずいぶんと林さんに洋服を作ってもらったものです。そしてそのうちの何着かは、今でも毎週のように愛用しています。

作ってもらった当時は、「ちょっと細すぎるのではないかな」と思ったりもしましたが、時が経つにつれそれが、「ちょっと太すぎるのではないかな」に変わり、いままた「ちょうどいい」と思えています。そのへんが林マジックで、多くの顧客を虜にするワザなのかもしれません。

_S5A0648

スリーピースは、ドーメルのトニックで仕立てたもの。一見するとブリティッシュ・スタイルですが、林流の遊び心が随所に散りばめられています。

 

「ターンナップ・カフで、シングルのピークトラペルですが、ウエストコートはダブル。パンツのポケットは、珍しいクロスポケットとしました。パンツの股上を深く、ウエストコートを短くして、脚が長く見えるよう工夫してあります。センターベントで後裾にゆとりを持たせ、後ろ姿がエレガントになるよう仕立てました」

なるほど、なかなかここまでこだわりを持てる人はいません。

 

自分で結んだボウタイと、ラウンドカラーでやはりターンアップ・カフのシャツもポイントです。

_S5A0652

時計は、ジャガー・ルクルトのレベルソ・デュオ。

リングはアンティークに自らのイニシャル“H”を彫っています。

 

シューズは英国製のサイドゴア・ブーツ。流麗なラインがキレイです。

_S5A0692

「販売の極意とは何ですか?」との問いには、これまたしばらく考えた後、

 

「例えば、もし超有名ブランドのデザイナー本人が店に立っていたとして、彼が『君にはこれが似合う』と言ったら、お客様は100%買いますよね。私もそんな存在になりたいのです。『お前がすすめるなら、買うよ』と言われるような、存在になることが極意でしょうか?」

 

なるほど、これは深く、また難しい道でありますね。

「販売一筋で30年間やってきて思うのは、販売には正解がない、ということです。それぞれの販売員がそれぞれのやり方を持っており、どれが正しいということはありません。しかし、ひとつ言えることは・・販売とナンパは違うということです(笑)。よく口が立つから、オンナを引っ掛けるのもウマいでしょうと言われるのですが、お客様に声をかけることは出来ても、女性に声をかけることなんて、とても出来ません(笑)」

 

林さんは根っから、ファッションというものが大好きな人です。そこには、「売りつけてやろう」という邪念がありません。そういった真摯な心が、買う人の心に響くのではと思いました。