Tuesday, December 17th, 2019

NEO TRADITIONAL GAZATTEER
RAKISH TOKYO GUIDE vol.7
ザ・レイクの東京案内

ヴィンテージ界では知らぬ人はいない、マネージャーの澤田一誠氏。ライダースジャケットは、50sのショットのワンスター、ジーンズは70sのリー 200、それに知人ブランドのアトラクションズのブーツという合わせ。

FAKE α フェイク アルファ
アメカジテイストを固守する究極のヴィンテージショップ

ここはマニア垂涎の品が並ぶアメリカンヴィンテージの聖地。
だからこそ入門者にも安心の店が、原宿のフェイク アルファだ。
photography yasutoshi sawano text yuko fujita
 特にアジアにおいて顕著だが、ここ数年でビスポークテーラリングの世界に足を踏み入れた若い世代の富裕層は、アメリカンヴィンテージに対する関心も非常に高い。時代を経ても価値の褪せることのない普遍的な服という点で、両者は共通している、とみな口を揃えて言う。

 実際、アジアの富裕層が東京に訪れると、贔屓のテーラーやビスポークシューメーカーでスーツや靴をオーダーし、その後ヴィンテージのユーズドショップを回るのがお約束になっている。そんな彼らの聖地として君臨しているのが、原宿の竹下通りから一本横道を入ったところにあるフェイク アルファだ。

 同地で、その歴史は既に30年以上。1940~60年代のアメリカのヴィンテージが中心で、極上コンディションのアイテムのみを揃えている。

 マネージャーの澤田一誠氏曰く、最近はだいぶ売れてしまったそうだが、それでもリーバイスの501XXだけでも50本以上、加えてデッドストックも常時10本以上という圧倒的な品揃えを誇る。最近ではアロハシャツやボーリングシャツも人気が高い。

 とにかく他のユーズドショップとは一線を画す垂涎ものの品揃えである。最高のものばかりを揃えている店だからこそ、実はヴィンテージ入門者にも最適の店といえるのだ。

FAKE α
東京都渋谷区神宮前1-8-21 ラ・レンヌ2F
TEL.03-3404-0168
営業時間:11:00~20:00
定休日:無休
www.berberjin.com

本記事は2017年5月24日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 16

Contents