Sunday, December 22nd, 2019

NEO TRADITIONAL GAZATTEER
RAKISH TOKYO GUIDE vol.12
ザ・レイクの東京案内

MARQUESS SHOEMAKER マーキス シューメーカー
究極の靴を追い求めてストイックさを増す靴職人

いつも笑顔だが、靴作りに対する真摯な姿勢は誰よりも強い。
川口昭司、37歳。凄腕の男は、今なお猛烈に進化し続けている。
photography yasutoshi sawano text yuko fujita
 2002年に渡英し、ビスポーク靴職人だったポール・ウィルソン氏に師事。その後、フォスター&サン、ガジアーノ&ガーリングなどのアウトワーカーとして活躍し、2008年に帰国。

 2011年に自身のブランドを立ちあげてからは、瞬く間にその名前を世界に知らしめた川口昭司氏。20世紀初頭に作られた英国のハンドソーンウェルテッドシューズに魅せられた彼は、研究を重ね、当時の作りの手法を自身の手がける靴に取り入れている。

 例えば最近では、ラストメイキングにおいて、足によりフィットさせるよう底面の形状をより立体的にし、中物を薄くしてソールの沈み込みを極力抑えるよう改良を加えた。それは、20世紀初頭のハンドソーンウェルテッドシューズが、かなり履き込まれているのに履き皺も少なく型崩れもせず、今なお美しい形状を保っているところに想を得たものだという。

 自分の靴を作ってくれたお客さんに、いつまでも美しく履いてもらいたい、後世に美しい靴を残したい、川口氏のそんな真摯な思いの表れである。

「ビスポークは1対1のお付き合いですから、自分が作った靴を履いてくださっているひとりひとりのお客様を大切にしたいんです」

MARQUESS BESPOKE
東京都文京区水道2-13-7
TEL.03-6912-2013
営業時間:10:30~19:00(予約制)
無休
marquess-bespoke.blogspot.jp/

本記事は2017年5月24日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 16

Contents