Saturday, December 14th, 2019

NEO TRADITIONAL GAZATTEER RAKISH TOKYO GUIDE vol.4

YOHEI FUKUDA
ヨウヘイ フクダ
ニッポンのビスポークシューズシーンの牽引役となった靴職人

今、世界で最も注目されている靴職人は、
その才能を存分に開花させた福田洋平氏だろう。
photography takeshi wakabayashi text yuko fujita

2階にあるショップにはサンプルがズラリ。

 1999年、19歳で渡英し、かの地で6年間シューメイキングを学んだ福田洋平氏は、帰国後スタートしたキャリアのはじめから大変美しい靴を手がけてきたこともあって、彼の靴について語られるとき、比較対象は常に英国のビスポークシューメーカーだった。が、今となってはそうすることは望ましいことではない。

 今日、福田氏は名実ともに東京のビスポークシューメーカーの顔となった。注目度においても、世界でトップクラスだろう。技術の向上だけを目指すのでなく、ブランディングにも注力し、日本の靴職人に対する世界のイメージを確実に上げていった彼の功績は計り知れない。

 アジアにおけるクラシックブームもあって、各国の富裕層が日本のビスポークテーラー&シューメーカーを賑わせているが、ヨウヘイ フクダに関していえば、アジアのみにとどまらず、イギリスやフランスの顧客も数多い。彼らは東京の“ヨウヘイ”に靴を作ってもらうために、ロンドンではなく青山にある彼のショップ兼工房を訪れるのだ。

 自宅で作業していた頃から取材をしてきたが、当時から福田氏はすべての心構えがプロフェッショナルだった。成功するべくして成功したといえよう。

 客とのアポイントがある日は常にビスポークスーツを着用している。丁寧な接客、フィッティングやアドバイスどれひとつをとっても、経験からくる自信に満ちている。ビスポークに100%の正解はないが、彼なら限りなく理想に近い靴を作ってくれる、そんな期待を抱かせてくれる職人である。

 踵からつま先に向かって内振りにツイストしたラストは、修業時代、数百足ものジョージ クレバリーのビスポークシューズをリペアしてきた経験から導き出されたものだ。シワが入りにくく疲れにくい構造が長所だが、何よりもその圧倒的に美しい佇まいに魅了されてしまう。

本記事は2017年5月24日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 16

Contents

<本連載の過去記事は以下より>

DAVIDS CLOTHING デイヴィッズ クロージング 貴重なお宝ものが数多く眠る 英国ヴィンテージの聖地

MARQUESS SHOEMAKER マーキス シューメーカー 究極の靴を追い求めて ストイックさを増す靴職人

FUGEE フジイ 究極の手縫い鞄作りを 目指し続ける真の求道者

YAMAGAMI SHIRT 山神シャツ シャツ作りへのたゆまない情熱が たゆまない進化を生むシャツ職人

DUNHILL GINZA HOME ダンヒル銀座本店 ワクワクが詰まった紳士の館世界3店舗のみの「ホーム」

ORTUS オルタス 革と対話し、革の魅力を最大限に引き出す手縫い鞄職人

FAKE α フェイク アルファ アメカジテイストを固守する究極のヴィンテージショップ

VICK TAILOR ヴィックテーラー 日本らしい美しさを追求した柔軟性も魅力のテーラー

PECORA GINZA ペコラ銀座 ミラノに連綿と息づくスタイルを東京で継承した第一人者

SARTORIA CICCIO サルトリア チッチオ 世界中の富裕層を魅了する都会的なナポリ仕立て

ANGLOFILO アングロフィロ 古きよき時代のナポリ仕立ての空気を追い求める男

BRYCELAND’S CO. ブライスランズ 原宿から世界に向けて発信される“イーサンズワールド”

ザ・レイクの東京案内