Tuesday, December 24th, 2019

NEO TRADITIONAL GAZATTEER
RAKISH TOKYO GUIDE vol.14
ザ・レイクの東京案内

4月に工房を移転し、6畳ほどだった以前より、だいぶ広くなった。手縫いのステッチもルンルン楽しい。もちろん、甘く、丁寧だ。

OSAKU オサク
中庸の美を奏でるパンタロナイオ

本人は謙遜するが、ひとつの到達点に達したのではないか。
彼こそ世界一と評する人さえいる、パンタロナイオの尾作隼人氏だ。
photography setsuo sugiyama text yuko fujita
 ナポリのサルヴァトーレ・アンブロージの登場で、ビスポークのトラウザーズは今世界的なブームとなっているが、彼のトラウザーズとは異なるアプローチを見せるパンタロナイオ(トラウザーズ職人)が尾作隼人氏だ。

 氏のトラウザーズは、マーキスの川口昭司氏の仕立てるビスポークシューズと共通するところがある。それは、両者の作品に備わっている、中庸でありながら完璧な調和のもとに初めて生まれてくる控えめな色気だ。華美ではないこの手の色気を備えたトラウザーズは本当に貴重であり、実はこちらのほうがより研ぎ澄まされた感性の高さが要求されるように思う。

 年間生産本数は100本に届くかどうかという。腰へのフィット感、穿いた際の股下から裾への美しいライン、裾に向かってまっすぐに落ちたクリースライン、あるいは3㎝幅のウエスマンなどのディテール、美しい手縫いの縫製に至るまで、見事なハーモニーを織りなしている。逆説的な言い方をすれば、それは中庸を究めたゆえの強烈な個性だ。

 尾作氏が仕立てたものに脚を通せば、2プリーツのトラウザーズがこんなにも快適で美しいものだということがわかるはずだ。1本のトラウザーズで新たな世界に出合える、という表現は、決して大げさではない。日本人がイタリアの仕立てばかりを羨む時代は、もう終わったのかもしれない。

Osaku
神奈川県川崎市生田7-10-6 パインワン生田102
Mail:osaku@milestone-spk.com(要予約)
営業時間:10:00~20:00 不定休
Instagram:osakuhayato039

本記事は2017年5月24日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 16

Contents