Wednesday, March 25th, 2020

THE NEW MERCEDES-BENZ GLS 400 d 4MATIC

ラグジュアリーの地平を悠々と超えて

text tatsuya otani
issue10

市街地、高速道路、そしてオフロードと、まさに走る道を選ばないラグジュアリーSUV、GLS。その眼前には、無限の地平が広がっているようだ。

 進化の一端は運転席に腰掛けただけで気づく。2枚の大型ディスプレイはドライビングに必要な情報の表示に加えてさまざまなエンターテインメント機能でも活躍するのだ。この無限の可能性を秘めたシステムを安全かつ簡便に操作できるようにしたのがMBUX。そう、「ハイ、メルセデス!」と呼びかければ音声認識システムが立ち上がり、自然な発話をシステムが理解してさまざまな機能を制御するMBUXがGLSにも採用されたのだ。さらにインターネットやコンシェルジュサービスと接続できるテレマティクスサービス“Mercedes me connect”を標準装備しているのも新型の特徴である。

“電子の目”で事故を未然に防ぎ、乗員に安全で快適な環境を提供する安全運転支援システムはメルセデス・ベンツがもっとも得意とする分野のひとつだが、新型GLSには最新世代のインテリジェントドライブを装備。Sクラスと同等の機能を備えつつ、歩行者の飛び出しも検知する新しいアクティブ・ブレーキ・アシストを搭載してさらなる進化を遂げた。

 パワートレインは2種類。ひとつは驚くほど軽やかで滑らかなフィーリングで人気の3リッター直6ディーゼル・エンジン。もうひとつの4リッターV8ガソリン・エンジンには、インテグレーテッド・スターター・ジェネレーターや48V電気システムからなるマイルドハイブリッド・システムを装備。どちらもメルセデスの威厳にふさわしい動力性能と最新世代の環境性能を両立している。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 33
1 2 3

Contents