Wednesday, March 25th, 2020

THE NEW MERCEDES-BENZ GLS 400 d 4MATIC

ラグジュアリーの地平を悠々と超えて

“G”と“S”のDNAを受け継ぐGLSがフルモデルチェンジを受けた。
メルセデスの最高級SUVが最新テクノロジーを得てさらなる進化を果たした。
オフロード性能でもラグジュアリーさでも最高峰を目指した新型がこれだ。
text tatsuya otani
issue10

The New MERCEDES-BENZ GLS 400 d 4MATICメルセデス・ベンツの最新デザイン言語とSUVらしい堂々としたたたずまいを見事に融合した新型GLS。AIを活用した対話型インフォテインメントシステム“MBUX”や先進運転支援システム“インテリジェントドライブ”を装備するほか、最新プラットフォームの導入によりドライブトレインやサスペンションなども一新。定評ある走りに一層磨きをかけた。まさに、Gクラスのオフロード性能とSクラスのラグジュアリーを兼備したモデルといえよう。
全長×全幅×全高:5207×1956×1823mm、ホイールベース:3135mm(ボディサイズは欧州参考値)、エンジン:直列6気筒 2925cc ターボディーゼル、最高出力:243kw(330ps)@3600 ~ 4200rpm、最大トルク:700Nm(71.4kgf・m)@1200 ~ 3200rpm(数値はすべて欧州参考値)¥12,630,000~ Mercedes-Benz(メルセデス・コール Tel.0120-190-610)

 メルセデス・ベンツの最高級SUVであるGLSは、彼らの伝統に深く根ざしたふたつのモデルから遺伝子を受け継いでいる。そのひとつは“G”であり、いまひとつは“S”である。

 1979年にデビューしたGクラスは新型に生まれ変わったいまも直線的でアイコニックなデザインで多くのファンに支持されているが、その本質は圧倒的なオフロード性能にある。誕生以来、オーストリアの険しい山道で耐久試験が行われてきたGクラスは、あまたのSUVとは一線を画す驚異的なオフロード性能と巌のごとき耐久性を兼備。そのポテンシャルはNATO軍に正式採用されるほど高い。

 いっぽうのSクラスはメルセデスが誇る最高級サルーン。余裕ある居住空間、贅を尽くしたインテリア、群を抜く快適性や安全性で世界中のVIPから愛されていることはいまさらいうまでもない。

 そんな“G”と“S”のDNAを受け継ぐGLSがフルモデルチェンジを受けた。その特徴をひとことで表せば、「メルセデスの最高級SUVが最新テクノロジーを得てさらなる進化を果たした」となる。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 33
1 2 3

Contents