Sunday, February 2nd, 2020

THE BIG BANG

80年代狂騒曲

text stuart husband

新時代のスター 80年代には、「それまで単に専門職を目指していたような者が、自分自身をブランドと見なし、メディアをうまく利用していた」とピーター・ヨークは言う。シェフやモデルに“スーパー”という接頭辞が付けられる段階にはまだ至っていなかったが、その素地が整いつつあった。

 ロンドンのワンズワース・コモンでは、天才シェフ、マルコ・ピエール・ホワイトのレストラン「ハーヴェイズ」に上流階級の人々が集まり、名物のヌガーグラッセに舌鼓を打った。ボサボサ頭で華麗な包丁さばきを見せる彼のキャラクターを真似する者が次々と現れ、その見た目やパフォーマンスに注目が集まった。

 同じようにモデルは女優並みの人気を集め、彼女たちの一言一句や私生活が注目された。エル・マクファーソンが写真家のジル・ベンシモンと結婚したのは1986年。ふたりは一世を風靡したが、1989年には離婚した。

 リンダ・エヴァンジェリスタは1987年にエリートモデルの代表と結婚し、翌年にはショートカットでブレイクした。カーラ・ブルーニは1988年にゲスの顔になり、翌年からエリック・クラプトンと付き合い始めた。ナオミ・キャンベルは黒人初の仏ヴォーグ誌の表紙を飾った1988年の翌年にマイク・タイソンと付き合い始めた。

 シンディ・クロフォードは1989年から人気ファッション番組「House of Style」でホストを務め、2年後にはレブロンと契約を交わし、リチャード・ギアと結婚した。初期の*スーパーモデルは、ハリウッドがやや陰りを見せた頃に、昔ながらのハリウッドビューティー的な美貌を披露していた。

「1日1万ドル以下の仕事なら、ベッドから起きないわ」というリンダ・エヴァンジェリスタの有名なコメントや「私は大金を稼ぐし、それだけの価値があるの」というナオミ・キャンベルの発言に象徴されるように、彼女たちの勢いはとどまるところを知らなかった。

*スーパーモデル=90年代初頭に定着した言葉。女優やポップスター並みの人気を得たファッションモデルは、富と名誉と美貌の象徴となった。

本記事は2019年9月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 29

1 2 3 4 5 6 7

Contents