April 2019

WILL&TESTAMENT

稀代の怪優ウィレム・デフォー

text tom chamberlin photography michael schwartz
fashion direction jo grzeszczuk Special thanks to The Carlyle Hotel, New York

「僕は当時、先のことなんて考えていなかった。わかっていたのは、ウースター・グループの一員としてこのままいたいということ。グループは僕を育成し、さまざまなことを教えてくれたし、私生活と演劇をうまく両立しているメンバーに感服させられた。僕は常に大切な人たちがそばにいる仕事場に憧れてきた。その手本は紛れもなく、ともに働きながら子育てをしてくれた両親だろうね」

 1979年の映像には、20代半ばの若々しいデフォーがスポルディング・グレイと並んで写っている。デフォーの強烈な印象は、この年齢にして既に前面に出ており、舞台上の彼は水を得た魚のようだ。あの名優グレイが相手でも、彼は空間を意のままに操っている。別の短い映像では、デフォーともうひとりの男性、そしてひとりの女性が映っている。フラダンスの衣装を身に着け、歌いながら踊っているデフォーを注意して見ると、男性の付属器官が露出し、リズムに合わせて揺れていることがわかる。前衛的でないという評価は、彼らには当てはまらない。

 ウースター・グループに関する初期の評論には、好意的でないものもあった。そこで劇団は、評論家たちを公演に呼ばずに巡業に出るという大胆な措置を取った。デフォーは次のように話す。

「あれは重要だった。彼らは劇団についてよく書いていなかったし、どう書けばよいかもわかっていなかった。なのにその後、劇団が国外で一定の成功を収めると、公演の論評をしたいからぜひ見に行かせてくれと言うようになった。そして、僕たちの成功は自分のおかげだと言いたがったんだ。興味深い教訓になったよ」

本記事は2019年1月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 26

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Contents