April 2019

WILL&TESTAMENT

稀代の怪優ウィレム・デフォー

text tom chamberlin photography michael schwartz
fashion direction jo grzeszczuk Special thanks to The Carlyle Hotel, New York

 1986年、デフォーはオリバー・ストーン監督の『プラトーン』で、戦争映画の金字塔を打ち立てた。今でも多くの人々にとってのカルト的な作品だ。道徳上のジレンマ、人命の軽視、登場人物たちが垣間見せる人間味、そしてもちろん、デフォー演じるエリアス軍曹の死̶。それはデフォーがそれまで演じたどの役よりも、悲哀に満ちていた。血も涙もない軍人になることではなく、雄々しく理想主義的な姿勢を見せることで人々に感銘を与えたのだ。同作品はアカデミー作品賞を獲得し、世界的な成功を収めた。オリバー・ストーンはアカデミー監督賞を受賞。デフォーはアカデミー助演男優賞で初めてのノミネートとなった。

 意外なのは、この年に公開された出演作が『プラトーン』のみで、翌年もドキュメンタリー映画のナレーターの仕事のみだったことだ。一見、アカデミー賞が追い風にならなかったように見えるが、これはデフォーが今日と同じく、信念に基づいて出演作を選んでいる結果だ。

「ノミネートされてからはいろいろなオファーが来た。当時の僕は、まだ売り出し中の若手だったからね。でもそんなときだからこそ、しっかり出演作を選ぼうとした。だから、次を決めるまで1年近く待った。心のどこかで、ぴたりと合う作品が来るような気がしたから。そろそろ仕事に戻らなきゃと思うようになった頃、同じことを繰り返したいとは思わないものだけど、次の作品もまたベトナム戦争をモチーフにしたものだったんだ」

 その映画が『サイゴン』(1988年)だ。彼の背中を押し、役を引き受けさせたのは、脚本の素晴らしさだった。もちろん、自信と経験が増すにつれて、キャリアを細かく管理する能力も身についた。

本記事は2019年1月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 26

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Contents