HOTELS DELUXE Vol.27

ホテル連載第27回:最新&定番手土産

January 2024

相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら手土産を選ぶ時間はこの上なく幸せなひとときだ。今回はスイーツ好きのあの人も、そうでない人も笑顔にできる最新&定番手土産を3軒のラグジュアリーホテルからそれぞれひとつずつピックアップした。

 

 

text yukina tokida

 

 

 

<ウェスティンホテル東京>

注目の最新手土産はオリジナルレシピで作られた3種のシャーベット。午前中に完売必至の定番シュークリームはひとつから予約も可能。

 

「エキゾチックパッションシャーベット」「ラズベリーライチシャーベット」各¥600、「レモンヨーグルトシャーベット」「バニラジェラート」「アールグレイジェラート」「ヘーゼルナッツチョコレートジェラート」各¥550

 

 

「シュークリーム」¥680

 

 

 

 昨年末、全客室の新装やクラブラウンジの移転拡大など、開業以来最大となるリニューアルを遂げたウェスティンホテル東京。これまで1階のレストランに併設されていたペストリーショップも独立して場所を移しオープンを果たした。それを機にジェラートや焼き菓子などの新商品がいくつか登場したが、なかでも注目は3種のシャーベット。多くのファンを持つ鈴木一夫エグゼクティブペストリーシェフ渾身のオリジナルレシピによるもので、「エキゾチックパッション」「ラズベリーライチ」「レモンヨーグルト」とひとひねり効かせたフレーバーが揃うのが嬉しい。

 

 名物手土産「シュークリーム」の存在も忘れてはならない。高さ10センチはあろうかというビッグサイズで、ぎっしりクリームが詰まっているにもかかわらず、サクサクの皮と、バニラビーンズたっぷり&甘さ控えめの軽やかなクリームのお陰で、ペロリと食べられてしまう。午前中に売り切れてしまうこともあるため、確実に入手したい場合には前日の正午までにお電話を。1個から予約注文が可能だ。

 

 

店内は西洋のオランジュリーをイメージ。ガラスウォールとアイアンの格子に囲まれた洗練された空間に。オリジナルチョコレートにも4種の新たなフレーバーが仲間入り。コーヒーや紅茶のテイクアウトが可能なだけでなく、フラワーショップも併設している。

 

 

 

お問い合わせ先

パティスリー・バイ・ウェスティンホテル東京

TEL. 03-5423-7665

 

 

 

 

<パレスホテル東京>

会食の手土産にも最適な高級感溢れる木箱入りの新作と1961年から人々に愛される、栗のシグニチャーケーキ。

 

しっかりと冷やしてから食べるのがおすすめ。「チーズバタークリームサンド」(3種6個入り)¥3,000

 

 

 

 2012年に開業したホテル地下一階のペストリーショップ「スイーツ&デリ」に加え、2022年に伊勢丹新宿店、2023年には日本橋三越本店にも新たなショップを出店させたパレスホテル東京。同ホテルの定番土産「マロンシャンティイ」が、昨年これら3店舗合計で、過去最高となる4万個以上もの売上を記録したと聞けば、もはや名物手土産の殿堂入りといっても過言ではないだろう。あえて荒く裏ごし、ふんわりと盛り付けられたマロンと、すっきりとした甘さのクリームのバランスは、これ以上ないくらいに完璧。

 

 無論同品以外にも、数々の人気手土産を持つパレスホテル東京だが、昨年「スイーツ&デリ」のリニューアルに伴いパッケージデザインや商品ラインナップがさらに進化した。なかでもすでに人気を集めている新作が「チーズバタークリームサンド」。プレーンとフランボワーズ、ピスタチオの3種類の異なるフレーバーが高級感ある銀色の箔押しが施された木箱に並べられている。ザクザク食感のクッキーとなめらかなチーズバタークリームの組み合わせが最高だ。新たな定番土産になる日は近い。

 

 

「マロンシャンティイ」(直径8cm)¥1,050 複数人で堪能できるホールタイプ(12cmと15cm)もあり。

 

 

 

お問い合わせ先

ペストリーショップ「スイーツ&デリ」

TEL. 03-3211-5315

 

 

 

 

<帝国ホテル 東京>

食を通じた社会貢献ができる手土産の最新作はバナナが主役。名物ブルーベリーパイはアレンジも楽しめる一品。

 

バナナスライスが入ったチョコレートテリーヌを、米ぬかパウダー入りの軽やかなクッキー生地が挟んでいる。「Le Bâton B」¥4,000 ※毎週金曜日に数量限定で店頭に並ぶ 

 

 

 

 帝国ホテル 東京の最新手土産は他のそれともひと味異なる。なぜなら、購入を通じてSDGs達成に向けた取り組みに貢献できるから。グルテンフリーのチョコレートテリーヌ「Le Bâton B( ル バトンビー)」は、株式会社ドールの『もったいないバナナプロジェクト』によって生まれた「冷凍ハイランドバナナスライス」と「グリーンバナナパウダー」を使用しているのだ。このプロジェクトは、品質は変わらないにもかかわらず、皮の傷や熟成の規格外により販売できなくなったバナナを活用し、食品ロスの削減を目指すもの。サステナビリティに特化した専門チームを設け、かねてよりSDGsに取り組んできた同ホテルらしい最新作である。

 

「ブルーベリーパイ」は、ホテルショップ「ガルガンチュワ」のオープンから50年以上にわたり人々に愛されている名物手土産だ。シンプルなレシピのため、素材選びやパイ生地作りに徹底したこだわりを持って作り上げられている。シナモンやバターの芳醇な香り、パイ生地のサクサク感、そしてたっぷり詰まった爽やかな甘みのブルーベリーがすべて絶妙にマッチしている。甘さは控えめなので、少し温めたあとにバニラのアイスクリームを載せて食べるのもおすすめだ。

 

 

「ブルーベリーパイ」(直径9cm)¥864 ※16cm、18cm、21cmは予約販売のみ

 

 

 

お問い合わせ先

ホテルショップ「ガルガンチュワ」

TEL. 03-3539-8086

 

 

<本連載の記事は以下より>

Vol.01 ホテルでクルマを愉しむ

Vol.02 高層階のプールを安息地にする

Vol.03 ホテルの名物料理

Vol.04 素敵なテラスのある客室

Vol.05 最新ルーフトップバー

Vol.06 ルームサービス限定の一皿 其ノ一

Vol.07 ルームサービス限定の一皿 其ノ二

Vol.08 バーバーで男を磨く

Vol.09 名物手土産 -定番編-

Vol.10 名物手土産 -缶クッキー編-

Vol.11 名物手土産 -アロマ編-

Vol.12 ドライサウナがあるホテルのスパ

Vol.13 夏限定の麺料理

Vol.14 テイクアウトメニュー

Vol.15 ホテルで花を贈る

Vol.16 ピクニックボックス

Vol.17 会員制のスパ&フィットネス

Vol.18 名物手土産<クッキー缶編 第二弾>

Vol.19 サブスクリプションサービス

Vol.20 バーでボトルキープ

Vol.21 バーでボトルキープ 其の二

Vol.22 ヘリコプターで行けるホテル

Vol.23 ホテルが手がけるクルーズ

Vol.24 ホテルのナイトウェア

Vol.25 2023年開業のホテル

Vol.26 ホテルで鍋を囲む

Vol.27 最新&定番手土産

Vol.28 ホテルのこだわりパン<第一回 赤坂・虎ノ門エリア>

<本連載の過去記事は以下より>

ホテル連載第29回:ホテルのこだわりパン《第二回 大手町・日比谷エリア》

「FRENCH BLOOM」から誕生した新世代のノンアルコール・スパークリングワイン

【シャンパーニュ ボランジェ】ガストロノミーに寄り添う偉大なヴィンテージ誕生

【レミーマルタン】300年受け継がれたレガシー

【建築×アート×食】坂茂が手がける広島の新名所「Simose Art Garden Villa」

話題の水庭をいつでも楽しめる全14棟のオーベルジュ「那須 無垢の音」

ホテル連載第28回:ホテルのこだわりパン《第一回 赤坂・虎ノ門エリア》

【ルイ13世 タイム・コレクション2】3つの由緒あるフレンチ・メゾンの共演

130年続くスコットランドの至宝、「ロングモーン」

神戸メリケンパークオリエンタルホテル 新レストランALL FLAGSオープン

神戸を代表する美食のエンターテインメント「ステーキハウス オリエンタル」

シャンパーニュメゾン「ポメリー」と「京都吉兆」が4年に及ぶコラボを始動

ホテル連載第26回:ホテルで鍋を囲む

世界6891本限定のスプマンテとともに紐解く イタリアで愛されているフェッラーリの魅力!

10年ぶりに発見された雫「ルイ13世 レア・カスク 42.1」

【次回は2024春】舞台は南紀白浜。食通が集う年2回のイベント「The Echo Table」とは

秋の美食探訪をピエール・ガニェールで。本店で人気のプラトー・ド・フロマージュも初登場

持続可能な未来を創る七賢とアラン・デュカスの酒

イタリアンラグジュアリーの象徴 F1GPの勝利の美酒、フェッラーリ

THE RAKE厳選!香港でいま注目すべきダイニング&バー5軒

今年の舞台はバーホッピングの聖地、香港!アジアのベストバー50の結果やいかに

ドン ペリニヨンの醸造最高責任者が創立した日本酒「IWA 5」の故郷を訪ねて

コーヒーは、食べるもの!? グランドセイコーが仕掛けたイベントにて

ファーム・トゥ・テーブルを提供する由布院のウエルネス・リゾート

奈良を代表するオーベルジュ「登大路ホテル奈良」滞在記

パレスホテル東京のフレンチ フランス料理「エステール」のディナー体験

オランダが誇る3ツ星シェフがアジア初出店!横浜・馬車道の「SMAAK(スマーク)」

ナパ・ヴァレー、金色のワイン街道を往く

ホテル連載 第21回:バーでボトルキープ 其の2

ホテル連載 第20回:バーでボトルキープ

CHIUnE/銀座Furutaがプロデュースする年末年始限定の2種類の鍋

七賢とアラン・デュカスが呼応するスパークリング日本酒の饗宴

Formula 1® オフィシャルスパークリングワインになったイタリア最高峰のスプマンテ“フェッラーリ”

Maison KEI & ボランジェ 日仏食文化の新たな発見を味わう期間限定ペアリングメニュー

銀座のグッチ オステリアでこの季節だけ楽しめるコース

NINE by La Cime:ジャンルを超えた創造性×香り

ホテル連載 第19回:サブスクリプションサービス

ホテル連載 第18回:名物手土産<クッキー缶編 第二弾>

ホテル連載 第16回:ピクニックボックス

F1®公式スポンサー、フェッラーリのスペシャルボトルで表彰台気分を

コンセプトを大幅チェンジ! フレンチファインダイニング「シグネチャー」が次に目指す高みとは

ホテル連載 第14回:テイクアウトメニュー

0.0000038361%のみに許される銘酒

ホテル連載 第13回:夏限定の麺料理

“量よりも質”を重視したサステナブルなシャンパーニュ「テルモン」

F1®︎史上初!イタリア最高峰のスパークリング「フェッラーリ」が オフィシャルパートナーに

ホテル連載 第10回:名物手土産 -クッキー缶編-

ホテル連載 第9回:名物手土産 -定番編-

TATRAS INTERNATIONALがプロデュースした会員制フレンチ・レストラン「パー レ セゾン」OPEN

ホテル連載 第7回:ルームサービス限定の一皿 其ノ二

ホテル連載 第6回:ルームサービス限定の一皿 其ノ一

ホテル連載 第5回:最新ルーフトップバー

ホテル連載 第3回:ホテルの名物料理

6代目当主 オリヴィエ氏インタビュー:「KRUG」を次なる世代へ

ニューワールドの域を超越したワイン「クラウディー ベイ」の洗練

世界最古のメゾン「ルイナール」
その最高醸造責任者が語る、シャンパーニュを日本で味わう喜び

100本限定の極上ウイスキーを際立てる世界でふたつの特注グラス&チェア