HOTELS DELUXE Vol.17

会員制のスパ&フィットネス

April 2022

ホテルのスパ&フィットネス施設には会員制を設けているところもある。

好きな時に利用できるのはもちろん、宿泊やダイニングの割引や、駐車場やバレーサービスが無料など、さまざまな特典がついているのも魅力だ。

数多くあるホテルのなかでも、今回は都内にいながらにして非日常を味わえる4軒をピックアップした。

 

 

 

 

<ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町>

地上約140mの高さでサウナと水風呂を満喫できる、サウナーたちからも熱い支持を得るホテルサウナ。

 

サンルーフが覆うプールは約6m×20m。プールサイドにはジェットバスも完備。

 

 

 サウナ→水風呂→休憩を繰り返すことで訪れるトランス状態を表す“ととのう”というワードが昨今のサウナブームを盛り上げているが、地上約140mもの高さでととのう贅沢が、ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町の「SPA & FITNESS KIOI」にはある。

 

 約85度のドライサウナ、深さ1mの水風呂や目の前に広がる非日常な絶景が、極上の“ととのい”に導いてくれる。サウナ内に流れる音楽も相まって、心地よさは極地に達するだろう。もちろん他にも天空のジムと名高いフィットネスエリアや天を泳いでいるような気になれるプールなど、ここならではの魅力もたっぷり。

 

 会員特典としてトライアルチケットが贈呈されるため、知り合いを気軽に連れて行けるのも嬉しいポイントだ。

 

 

ジムエリアも開放感に包まれている。マシンはテクノジム社。

 

 

男性側(写真)にはドライサウナ、女性側にはスチームサウナを完備。入会金¥1,320,000、保証金¥2,000,000、年会費¥396,000(保証金を除き消費税込)お問い合わせ先:TEL.03-3234-1158

 

 

 

<コンラッド東京>

汐留のビル街に佇む都会のオアシスは、癒やしを与えてくれるだけでなく、充実したトレーニングも叶えてくれる。

 

壁、そして天井も窓が覆う開放的なプール。

 

 

 一日の始まりに朝日が降り注ぐコンラッド東京の「水月スパ&フィットネス」のプール。夜にはライトアップされ、月明かりに照らされる幻想的な都会のオアシスに変貌する。その美しさばかりに目が行きがちだが、都内のホテルとしては珍しく25メートル確保されているのも人気の理由。しっかりトレーニングしたい諸兄のニーズにも応えてくれるのだ。他にも、一般的なパーソナルトレーニングだけでなく、無料のグループレッスンも多彩に用意されている。

 

 現在は会員特典に加えて、入会特典としてベイビュースイートでの宿泊(1泊2名・朝食付き)やスパトリートメント120分(1名)のプレゼントも用意されている。この特別な機会をお見逃しなく。

 

 

上:人気の1名用ジェットバスは計4つ完備。サウナはスチームとドライのふたつ。

 

左:ジムエリアの窓からは目下にプール、奥にビル街を望む。マシンはテクノジム社。右:明るいレセプション。入会金¥1,650,000、保証金¥100,000、年会費¥495,000(保証金を除き消費税込)お問い合わせ先:TEL.03-6388-8620

 

 

 

 

<グランド ハイアット 東京>

石や木、土などの天然素材が作るのは六本木にいることを忘れてしまうような自然を感じながらくつろげる上質空間。

 

プールでは泳ぎのフォーム改善メニューも人気。

 

 

 多くのサウナーを魅了するホテルのひとつであるグランド ハイアット 東京のスパ&フィットネスには、あえて窓が設けられていない。自分の内と向き合い、都心の喧騒を忘れられる……そんな落ち着いた空間は杉本貴志氏によってデザインされたもの。

 

 スパが位置する5階のエレベーターフロアから照明は少し暗め。洞窟を思わせる大人な雰囲気のプールには天然石が使用されていたり、プール横の緩やかなスロープの両サイドには土壁、そしてロッカー内やジムエリアは木材が多用されていたりと、どこにいても自然の温もりを感じられる。スパトリートメントを受けるエリアは別に設けられているため、会員の他に宿泊者しか利用できない特別な空間だ。

 

 

ジムのマシンはテクノジム社。

 

男性エリアのサウナと浴場。入会金¥1,650,000、保証金¥2,000,000、年会費¥442,200(保証金を除き消費税込)お問い合わせ先:TEL.03-4333-8825

 

 

 

<フォーシーズンズホテル東京大手町>

スカイツリーや皇居の緑など東京ならではの景色を一望できる全面ガラス張りの空間は、これ以上ない開放感を味わわせてくれる。

 

プールサイドにはバイタリティプールやミストチェアも備えている。

 

 

 

 フォーシーズンズホテル東京大手町があるのは複合施設「Otemachi One」の最上層階。ロビーやラウンジ、ダイニングやバーのすべてが集まる39階に、スパ&フィットネスも位置している。

 

 ジムやプールだけでなく浴場まで、ドキッとしてしまうくらいにすべてが開放的なガラス張りとなっており、ジムからは眼下に緑豊かな皇居、天気がいい日には遠くに富士山、そしてプールからはスカイツリーと、東京の景色を独り占めしているような気分にさせてくれる。しかもどの空間も天井高はなんと約6メートル。室内でここまで開放的な気分を味わえるのは他にはない。

 

 会員特典で朝食セットメニューも用意してくれるため、1日をここで始めるのもいいだろう。

 

浴場には男女ともに湯船とシャワー、そしてスチームサウナを完備。

 

マシンはライフフィットネス社。初年度¥5,378,000(入会金・保証金・年会費・消費税込)お問い合わせ先:TEL.03-6810-0660

 

 

<本連載の記事は以下より>

Vol.01 ホテルでクルマを愉しむ

Vol.02 高層階のプールを安息地にする

Vol.03 ホテルの名物料理

Vol.04 素敵なテラスのある客室

Vol.05 最新ルーフトップバー

Vol.06 ルームサービス限定の一皿 其ノ一

Vol.07 ルームサービス限定の一皿 其ノ二

Vol.08 バーバーで男を磨く

Vol.09 名物手土産 -定番編-

Vol.10 名物手土産 -缶クッキー編-

Vol.11 名物手土産 -アロマ編-

Vol.12 ドライサウナがあるホテルのスパ

Vol.13 夏限定の麺料理

Vol.14 テイクアウトメニュー

Vol.15 ホテルで花を贈る

Vol.16 ピクニックボックス