HOTELS DELUXE Vol.06

ルームサービス限定の一皿
其ノ一

Sunday, June 21st, 2020

ラグジュアリーホテルに多彩なダイニングは数多くあれど、

「インルームダイニング」、つまり部屋でしかありつけない料理も実は存在する。

これを食べるために泊まりたい、“ルームサービス限定”の一皿をご紹介する。

(※提供については各ホテルまでお問い合わせください)

 

 

 

<グランド ハイアット 東京>

 

30種類以上もの食材の旨みが凝縮したこだわりのカツカレーは、“24時間”いつでも注文できる最高の一皿だ。

 

「国産豚のカツカレーライス サラダ添え」¥3,200(税・サービス料別)。トッピングは、定番のらっきょうと福神漬けのほかに、オニオンフライとチーズの4種が揃う。いろいろとアレンジできるのも嬉しい。

 

 

 一流シェフによる全10もの多彩なダイニングやバーを持つグランド ハイアット 東京。そんな同ホテルのインルームダイニングだけで、24時間提供されているのは、まさかの日本が生んだ庶民派メニュー「カツカレー」だ。

 

 しかしその味わいは本格的。30種類以上の食材をじっくり煮込むことでコクのある深い味わいに仕上げられており、素材の甘みとスパイスのバランスが絶妙。ルウをさらに引き立てているのが、薄い生パン粉をまとった国産豚の本ロースのカツだ。

 

 サクッとした食感とともに口に広がる豚肉の甘みと旨み、そして白飯との安定のコンビネーションは、誰の期待も裏切ることがない。

 

 

グランド ハイアット 東京

TEL. 03-4333-1234

www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/grand-hyatt-tokyo/tyogh

 

 

 

 

<ウェスティンホテル東京>

 

ルームサービス限定メニューが多彩なウェスティンホテル東京のなかでも特に人気を誇るのが季節限定のこれ。

 

「冷麺」¥2,200(税・サービス料別)。提供時間:11:00~22:00。7~9月の夏季限定で提供されている、知る人ぞ知る人気メニュー。ほんのり香るごま油が、絶妙な味わいのアクセントに。

 

 

 ウェスティンホテル東京のルームサービス限定メニューは、オニオングラタンスープやハイナンチキンライスにはじまり、和牛モモ肉の黒にんにく炒めや五目炒飯、中華粥セットまで、実に多彩だ。

 

 なかでも人気なのが、7~9月の3カ月間しか味わえない「冷麺」。牛肉ベースの冷たいスープは、酢と醤油ですっきり甘酸っぱく、ほんのり香るごま油が食欲をそそる。

 

 モチモチとした麺は、スープともよく絡み、トッピングされた煮卵やポーク、メンマやきゅうり、そしてキムチが合わされば、暑さを忘れさせてくれる爽快な味わいに。この味を一度知ったら、毎シーズン食せずにはいられないだろう。

 

 

ウェスティンホテル東京

TEL. 03-5423-7000

www.marriott.co.jp/hotels/travel/tyowi-the-westin-tokyo/

 

 

1 2 3