HOTELS DELUXE Vol.19

ホテル連載 第19回:サブスクリプションサービス

August 2022

月々一定の金額を支払うことで、各種サービスを限られた範囲内で好きなだけ受けられるサブスクリプションサービスが、コロナ禍を経てラグジュアリーホテルからも続々と登場している。今回は、宿泊系以外のサブスクリプションサービスをピックアップした。

 

 

 

<HOTEL THE MITSUI KYOTO>

疲れは次の日に持ち越さない。

毎日でもスパトリートメントを受けられる贅沢プランは、最上ランク客室の宿泊やジム利用などの特典もプラス。

 

藍染めの古代布をコラージュしたアートが彩るスパトリートメントルームの1室。木の温もり溢れるやさしい空間だ。窓の外には京町屋風の坪庭も。日本古来の按摩技術をもとに海外で発展させたフェイシャルマッサージや、陰陽のバランスを整え5つのエレメントを体に巡らせる「陰陽五行」を用いたトリートメントで、癒やしの境地へ導いてくれる。

 

 

 京都は二条城の目の前、三井総領家の邸宅跡地に建つ「HOTEL THE MITSUI KYOTO」のサブスクリプションサービスではなんと1カ月間、1日1回120分まで、好きなスパトリートメントが受け放題だ。選べるメニューは豊富に用意されているため、時間に余裕のある日には2時間のボディやフェイシャルマッサージを、仕事終わりやひと休みしたい時には30分の足ツボやドライのスカルプ&ショルダーマッサージなど、その時々の都合や体調で使い分けられるのがいい。

 

 施術の前後1時間は名物施設「サーマルスプリング」を利用可能。ここは敷地内の地下約1,000mから湧き上がる天然温泉を用いたプールで、水着を着用して利用する場所。暗めの照明も相まって、京都の中心にいることさえ忘れてしまう極楽空間だ。これらに加えジム利用やレストランの10%オフ特典、さらに最上ランクの「プレジデンシャルスイート」での1泊2日の宿泊(税サ別130万円相当)も1回ついてくるというから驚き。これで総額150万円ならコスパも最高だ。

 

 

まるで洞窟のような神秘的な空間が広がる地下1階の「サーマルスプリング」。水の流れる音が耳に心地よい、ホテル随一の癒やしスポットだ。

 

「プレジデンシャルスイート」はリビングルームだけでなくベッドルームも二条城ビュー。

 

「IZUMI WELLNESS PLAN」(毎月先着3名)

月額¥1,500,000(税込)

※スパは本人のみ利用可能

 

お問い合わせ先

TEL. 075-468-3100(スパ予約)

 

 

 

<帝国ホテル 東京>

お酒好きの方に朗報。

“気軽に一杯”からとことん飲めるフリーフローまで。

自分に合うスタイルで楽しめるサブスク。

 

ドリンクは生ビールやスパークリング・白・赤ワイン、ウイスキーや焼酎など揃う。

 

 

 

 ホテル伝統のフランス料理と、ミシュラン三つ星店「神楽坂 石かわ」仕込みの和食をどちらも楽しめる「ホテルバル」が、昨年帝国ホテル 東京地下1階に誕生した。通路を隔ててふたつの空間に分かれており、ひとつは青が基調の洋の空間で、もうひとつが木の温もり溢れる和の空間。

 

 ここで提供されているのが「ホテルバル・フリーフロープラン」と「ワンドリンクプラン」のサブスクリプションサービスだ。前者は120分間のフリードリンクを、後者は好きなドリンク1杯までを、いずれも1カ月間毎日楽しめる。

 

 メニューは共通なため、洋エリアを利用しても和食を注文できるし、その逆も然り。ドリンクの種類も幅広いため、料理に合わせて飲み物を楽しめる。

 

 

 

 

「ホテルバル・フリーフロープラン」月額¥15,000

「ワンドリンクプラン」月額¥8,800

※いずれも税込・1カ月毎の自動更新

 

お問い合わせ先

TEL. 03-3539-8073

 

 

 

<W大阪>

DJの音楽が心地よい刺激的な空間で、毎日1杯まで約50種から好みのドリンクをチョイス可能。

 

 

 

 ドリンクを飲みながら、DJがかけるアップテンポな音楽を楽しむ……今までのラグジュアリーホテルにはなかったような新しい過ごし方を叶えてくれるW大阪のサブスクリプションサービスなら、このホテルのユニークな魅力を存分に楽しめる。

 

 メインスポットともいえるソーシャルハブ「LIVING ROOM」(上写真)で、シグネチャーカクテルやオリジナルシャンパーニュ、モクテルなど、約50種類から好みの1杯を毎日味わえるのだ。職場でも自宅でもない、こんな第三の“リビングルーム”での時間を一度知ったら、もうそれなしの日々では物足りなくなってしまうだろう。

 

 ドリンクを楽しむためにはもちろん、この場所での刺激的な時間をサブスクして、毎日のパワーをチャージしに訪れたい。

 

 

サービス利用者は18時以降のカバーチャージも無料。オリジナルカクテルまで幅広く楽しめるのが嬉しい。

 

 

月額¥20,000(税込)

※Marriott Bonvoyへの加入(無料)が必須

 

お問い合わせ先

TEL. 06-6484-5812

 

 

 

<リーガロイヤルホテル東京>

人気銘柄を含むラインナップから1日2杯まで選べるウイスキー好き必見のサブスクリプション。

 

 

 

 英国調のクラシックなバーとして根強く支持されているリーガロイヤルホテル東京のセラーバーでは、「ウイスキーパスポート」と題したサブスクリプションサービスが人気だ。これは特定のラインナップの中から1日2杯まで好みのウイスキーを飲めるというもの。

 

 銘柄のラインナップは定期的に変わり、8月1日から発売の第5弾では『世界5大ウイスキーを巡る』というテーマのもと、竹鶴ピュアモルトやシングルモルト余市、グレンドロナック 12年やベンリアック10年、ブッシュミルズ シングルモルト10年やカナディアンミストなどが予定されている。

 

 ウイスキーファンにはもちろん、さまざまなウイスキーを試して自分の好みを見つけたい方にも理想のサブスクだ。

 

 

重厚でウッディな雰囲気の中に、ダークグリーンや大理石、アンティークな照明が映える。

 

 

「ウイスキーパスポート」¥15,000(毎月先着10名限定・税込)

 

お問い合わせ先

TEL. 03-5285-1121

 

 

<本連載の記事は以下より>

Vol.01 ホテルでクルマを愉しむ

Vol.02 高層階のプールを安息地にする

Vol.03 ホテルの名物料理

Vol.04 素敵なテラスのある客室

Vol.05 最新ルーフトップバー

Vol.06 ルームサービス限定の一皿 其ノ一

Vol.07 ルームサービス限定の一皿 其ノ二

Vol.08 バーバーで男を磨く

Vol.09 名物手土産 -定番編-

Vol.10 名物手土産 -クッキー缶編-

Vol.11 名物手土産 -アロマ編-

Vol.12 ドライサウナがあるホテルのスパ

Vol.13 夏限定の麺料理

Vol.14 テイクアウトメニュー

Vol.15 ホテルで花を贈る

Vol.16 ピクニックボックス

Vol.17 会員制のスパ&フィットネス

Vol.18 名物手土産:クッキー缶編 第二弾

<本連載の過去記事は以下より>

ホテル連載第29回:ホテルのこだわりパン《第二回 大手町・日比谷エリア》

「FRENCH BLOOM」から誕生した新世代のノンアルコール・スパークリングワイン

【シャンパーニュ ボランジェ】ガストロノミーに寄り添う偉大なヴィンテージ誕生

【レミーマルタン】300年受け継がれたレガシー

【建築×アート×食】坂茂が手がける広島の新名所「Simose Art Garden Villa」

話題の水庭をいつでも楽しめる全14棟のオーベルジュ「那須 無垢の音」

ホテル連載第28回:ホテルのこだわりパン《第一回 赤坂・虎ノ門エリア》

【ルイ13世 タイム・コレクション2】3つの由緒あるフレンチ・メゾンの共演

130年続くスコットランドの至宝、「ロングモーン」

ホテル連載第27回:最新&定番手土産

神戸メリケンパークオリエンタルホテル 新レストランALL FLAGSオープン

神戸を代表する美食のエンターテインメント「ステーキハウス オリエンタル」

シャンパーニュメゾン「ポメリー」と「京都吉兆」が4年に及ぶコラボを始動

ホテル連載第26回:ホテルで鍋を囲む

世界6891本限定のスプマンテとともに紐解く イタリアで愛されているフェッラーリの魅力!

10年ぶりに発見された雫「ルイ13世 レア・カスク 42.1」

【次回は2024春】舞台は南紀白浜。食通が集う年2回のイベント「The Echo Table」とは

秋の美食探訪をピエール・ガニェールで。本店で人気のプラトー・ド・フロマージュも初登場

持続可能な未来を創る七賢とアラン・デュカスの酒

イタリアンラグジュアリーの象徴 F1GPの勝利の美酒、フェッラーリ

THE RAKE厳選!香港でいま注目すべきダイニング&バー5軒

今年の舞台はバーホッピングの聖地、香港!アジアのベストバー50の結果やいかに

ドン ペリニヨンの醸造最高責任者が創立した日本酒「IWA 5」の故郷を訪ねて

コーヒーは、食べるもの!? グランドセイコーが仕掛けたイベントにて

ファーム・トゥ・テーブルを提供する由布院のウエルネス・リゾート

奈良を代表するオーベルジュ「登大路ホテル奈良」滞在記

パレスホテル東京のフレンチ フランス料理「エステール」のディナー体験

オランダが誇る3ツ星シェフがアジア初出店!横浜・馬車道の「SMAAK(スマーク)」

ナパ・ヴァレー、金色のワイン街道を往く

ホテル連載 第21回:バーでボトルキープ 其の2

ホテル連載 第20回:バーでボトルキープ

CHIUnE/銀座Furutaがプロデュースする年末年始限定の2種類の鍋

七賢とアラン・デュカスが呼応するスパークリング日本酒の饗宴

Formula 1® オフィシャルスパークリングワインになったイタリア最高峰のスプマンテ“フェッラーリ”

Maison KEI & ボランジェ 日仏食文化の新たな発見を味わう期間限定ペアリングメニュー

銀座のグッチ オステリアでこの季節だけ楽しめるコース

NINE by La Cime:ジャンルを超えた創造性×香り

ホテル連載 第18回:名物手土産<クッキー缶編 第二弾>

ホテル連載 第16回:ピクニックボックス

F1®公式スポンサー、フェッラーリのスペシャルボトルで表彰台気分を

コンセプトを大幅チェンジ! フレンチファインダイニング「シグネチャー」が次に目指す高みとは

ホテル連載 第14回:テイクアウトメニュー

0.0000038361%のみに許される銘酒

ホテル連載 第13回:夏限定の麺料理

“量よりも質”を重視したサステナブルなシャンパーニュ「テルモン」

F1®︎史上初!イタリア最高峰のスパークリング「フェッラーリ」が オフィシャルパートナーに

ホテル連載 第10回:名物手土産 -クッキー缶編-

ホテル連載 第9回:名物手土産 -定番編-

TATRAS INTERNATIONALがプロデュースした会員制フレンチ・レストラン「パー レ セゾン」OPEN

ホテル連載 第7回:ルームサービス限定の一皿 其ノ二

ホテル連載 第6回:ルームサービス限定の一皿 其ノ一

ホテル連載 第5回:最新ルーフトップバー

ホテル連載 第3回:ホテルの名物料理

6代目当主 オリヴィエ氏インタビュー:「KRUG」を次なる世代へ

ニューワールドの域を超越したワイン「クラウディー ベイ」の洗練

世界最古のメゾン「ルイナール」
その最高醸造責任者が語る、シャンパーニュを日本で味わう喜び

100本限定の極上ウイスキーを際立てる世界でふたつの特注グラス&チェア