July 2019

今、最も注目したいテーラー、
“SARTORIA CICCIO”に聞いた

サルトリア チッチオに聞いた
100%失敗しないオーダーの心得Q&A

photography tatsuya ozawa

Q8:ソラーロにチャレンジしたいのですが、生地は?
A:「ソラーロは、もっと着られるべき生地だと思います。最初は抵抗がありますが、着れば何の違和感もありません。ソラーロは当店でとても人気がある生地で、昨年はたぶん日本で一番ソラーロを作ったかもしれません(笑)。おすすめは何といってもウィリアム・ハルステッドの“サンクロス”で、ソラーロの元祖といえる生地です。今では裏が緑や紫といったソラーロも出回っていますが、オリジナルはこの色しかなく、織りのバリエーションも3種類しかありません。ウエイトは300g 以上あるので、夏には向きません」

Q9:オーダーコート、1着目のおすすめは?
A:「やはり形はチェスターフィールドでしょう。色はネイビー。スーツにはもちろん、カジュアルにさらっと合わせるのもいいものです。カシミアならハリソンズ オブ エジンバラ、ウールならフォックス ブラザーズあたりが鉄板でしょう。チッチオには、“マニカ・フォルケッタ”というコートもあります。これは私の親方であるアントニオ・パスカリエッロが得意としていたもので、ラグランスリーブを特徴としています。体に負担がかからず、とても着心地のいいコートです」

Q10:生地の持ち込みは“あり”か?
A:「私は基本“あり”だと思います。お客様にも、生地探しの楽しさを味わっていただきたいからです。当店の場合、生地持ち込みの場合、スーツで6万円、ジャケットで5万円お安くなります」

本記事は2019年1月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 26

1 2 3 4 5 6 7 8 9

Contents