Tuesday, July 2nd, 2019

今、最も注目したいテーラー、
“SARTORIA CICCIO”に聞いた
100%失敗しないオーダーの心得Q&A

100%失敗しないオーダーの心得Q&A 生地編
生地選びこそ、オーダーの醍醐味だ

Q1:イギリスの生地とイタリアの生地、どちらがおすすめか?
A:「生地がしっかりしているのはイギリス、色柄ものがキレイなのはイタリアでしょう。テーラーにはイギリスの生地を好む人が多いかもしれません。アイロンが効きやすくて、仕立て映えするからです。イタリアの生地は概して打ち込みが甘く“抜ける”感じがします。服のケアがきちんとできる人はイタリア、雑に扱う人はイギリスがおすすめです。クリースも取れづらいのです」

Q2:ネイビー無地の名作生地を知りたい
A:「H.レッサー&サンズの“ゴールデンベール”をおすすめします。しなやかさと適度なハリがあって、アイロンがすごくよく効くのです。しっかりと形を作れる生地です。パンツのクリースもきっちり入ります。330g で、真夏以外は着られる万能な生地です。もうひとつ、変わり種として、エドウィン・ウッドハウスの6プライをご紹介します。これは6本の糸を撚ったものです。通常は2プライか、3プライなので、実に珍しい生地です。素晴らしい弾力性があり、シワになりません。ざっくりとした風合いも独特なものです」

Q3:3シーズン着られるもので、まずおすすめの生地は?
A:「ホーランド&シェリーの“クリスペア”でしょう。手織りの強撚糸を使った生地です。ドライタッチで、暑い季節でも熱気がこもりにくい。ウエイトは300g 近くあります。最大の魅力は、生地が“ブレない”ことです。服作りにはアイロンでクセを取る工程が多くありますが、地の目(縦糸と横糸)が動きづらい。よくない生地は、すぐにヨレてしまうのです。結局、仕立てやすい生地が、着心地もいいのです。ダグデールブラザーズの“ニューファイン・ウーステッド”もいいですね。万能なので、1着目の注文におすすめです。変な話ですが、1着目のときって、ぼーっとしている人が多いのです(笑)。私もその気持ちはわかります。初めてのテーラーで、どうしたらいいかわからなくなってしまうのですね。そんなときには、コレらを選んでおけば間違いありません」

Q4:真夏のスーツ、おすすめの生地は?
A:「フォックス ブラザーズの“ウーステッド”のバンチから選ばれることを強くおすすめします。重さは180~220g と大変薄いにもかかわらず、ヘニャヘニャしておらず、生地がブレないのです。昨年の夏、この生地でスーツをお作りになったお客様が『色違いで全部揃えたい』と仰いました。フォックス、さすがです」

Q5:グレイフランネルのおすすめ生地は?
A:「英国なら、有名なフォックス ブラザーズの370~400g くらいのもの。イタリアならドラッパーズの“レディサンフェリーチェ&フランネルズ”。同じフランネルでもこれらふたつは全然違います。フォックスのフランネルはカッチリしているのに対して、ドラッパーズはソフトでフワッとしています。イタリアにはイタリアなりのよさがあると思いますよ」

Q6:1着目のツイード・ジャケットで、おすすめの生地は?
A:「こんな柄が欲しいというはっきりした希望がなければ、モロイ&サンズのドネガルツイードはいかがでしょう? ドネガルツイード自体はアイルランドで昔から織られているツイードですが、このブランドは、私も最近知りました。ネップがキレイで、柄がはっきりしていて、カラーリングもいい。おすすめです」

Q7:麻のジャケットは、どんな生地がおすすめか?
A:「これはもう、ウエイトがあるものがおすすめです。スペンスブライソンの“タイロン”(400g 程度)がいいですね。実は日本には最近まで麻といえばトロピカルしか入ってきていませんでした。こういうものは、家具用だったそうです(笑)。ウエイトのあるリネンは、着込んでいくうちに、いい感じに育っていきます。織り柄を生かした生地の表情も魅力的です。こういった麻生地は、これから日本でも多く出てくると思います」

Q8:ソラーロにチャレンジしたいのですが、生地は?
A:「ソラーロは、もっと着られるべき生地だと思います。最初は抵抗がありますが、着れば何の違和感もありません。ソラーロは当店でとても人気がある生地で、昨年はたぶん日本で一番ソラーロを作ったかもしれません(笑)。おすすめは何といってもウィリアム・ハルステッドの“サンクロス”で、ソラーロの元祖といえる生地です。今では裏が緑や紫といったソラーロも出回っていますが、オリジナルはこの色しかなく、織りのバリエーションも3種類しかありません。ウエイトは300g 以上あるので、夏には向きません」

Q9:オーダーコート、1着目のおすすめは?
A:「やはり形はチェスターフィールドでしょう。色はネイビー。スーツにはもちろん、カジュアルにさらっと合わせるのもいいものです。カシミアならハリソンズ オブ エジンバラ、ウールならフォックス ブラザーズあたりが鉄板でしょう。チッチオには、“マニカ・フォルケッタ”というコートもあります。これは私の親方であるアントニオ・パスカリエッロが得意としていたもので、ラグランスリーブを特徴としています。体に負担がかからず、とても着心地のいいコートです」

Q10:生地の持ち込みは“あり”か?
A:「私は基本“あり”だと思います。お客様にも、生地探しの楽しさを味わっていただきたいからです。当店の場合、生地持ち込みの場合、スーツで6万円、ジャケットで5万円お安くなります」

THE RAKE JAPAN EDITION issue 26
1 2 3

Contents