Monday, November 18th, 2019

-KEVIN HART-

全米一の人気コメディ俳優
ケヴィン・ハート

text tom chamberlin photography dylan don fashion direction grace gilfeather styling ashley north
Special thanks to the Corinthia Hotel, London, and the Grenadier Guards

ジャケット¥330,000、パンツ¥110,000 both by Dior(クリスチャン ディオール TEL.0120-02-1947)
シャツ、チーフ both by Budd Shirtmakers
タイ Edward Sexton
パテック フィリップの時計(ブルーダイヤルの年次カレンダー5960P)は本人私物。

 何事にも必死で取り組む子供はめったにいない。成長していくうちに、集団の中で自分の価値を発揮できる分野を発見する。ケヴィンが発見したのは、周囲にユーモアを提供できるということだった。

「ひょうきん者でみんなをハッピーにさせることができた。同級生でも先生でも家族でもね。人はいつも相手に敬意を持って、自分ならこう扱ってほしいと思う方法で接するべきで、僕にとっては笑いがまさにそれだった。笑いこそが人を幸せな気持ちにさせる。間違いない方法さ」

 ただし、身近な人たちを笑わせるのと、*スタンダップ・コメディで観客を笑わせるのとではまったく違うということを、ケヴィンはすぐに思い知ることになる。舞台上でネタを披露するようになると、かなり不快な扱いにも対処しなければならなかった。フィラデルフィアのコメディクラブでは何度もやじり倒されたが、そのことで彼の決意は一層強くなった。

「思った通りの反応がもらえなかったとき、“あのネタはもうやらない”と決めるのは楽な選択。でも自分が追い求めるもの、つまり観客から笑いを引き出すために、さらにブラッシュアップを重ねるという険しい道を選ぶことが大切なんだ」

本記事は2019年7月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 29

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Contents