Thursday, July 18th, 2019

BIG LIGHT

ハリウッドの寵愛を受ける才人

役に入り込み、ドラマティックに演出することで、ストーリーを進展させる才能を持つ
ハリウッド屈指の名優 スタンリー・トゥッチ。かのメリル・ストリープに『プラダを着た悪魔』や『ジュリー&ジュリア』が
成功したのはすべて彼のおかげ、とまで言わしめる彼の秘密をひもとく。
photography tomo breje text tom chemberlin fashion and art direction sarah ann murray
issue10

プリンスオブウェールズチェックのスリーピーススーツ Thom Sweeney
タイ、ドレスシャツ ともにEmma Willis
ポケットチーフ Budd Shirtmakers

比類なきバイプレーヤー 時代遅れの呼び名に聞こえないといいのだが、スタンリー・トゥッチは知的であり、女性にとってのセックスシンボルである。スマートで、滑舌が良く、ユーモラスで、ハンサムで、スキンシップ好き。明瞭で落ち着いたニューヨークのイントネーションと甘い声が魅力的だ。俳優、映画監督、プロデューサー、作家、料理本の著者、父親、利他主義者……彼にはいくつもの顔がある。興味をかき立てるのは、これまでのキャリアを通じて、どんな作品でも一番印象に残る役を演じてきた彼の才能だ。控えめなのに主役を食ってしまう、バイプレーヤーといえるだろう。これほどの力量やミステリアスな雰囲気を持つ役者はめったにいない。

 ロンドンにあるクラリッジスのレストラン「フォイエ」でのインタビューが終わると、すぐ近くのメイフェアにあるザ・コンノートで長々と写真撮影を行ったが、装いが称賛されるたびに中断した。ガジアーノ&ガーリングの靴、そしてエドワード・セクストンやラルフ・ローレンのアイテムには拍手喝采が起こり、ダブルのベストを合わせたトム・スウィーニーのスリーピーススーツも、さまざまなコーディネイトを試しながら、慎重に吟味した。撮影が終わると彼はこう言った。

「じゃあ、トム、マティーニを飲みに行こうか。君を死ぬほど退屈させるよ」

 もちろん彼は、私を死ぬほど退屈させるという約束は果たしてくれなかった。

本記事は2016年1月23日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 08

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Contents