Monday, July 24th, 2017

THE SUMMER OF ’68

バルドーを射止めた男、ジジ

text stuart husband
LOW_01-00252796000029h

1970年頃、女優のクローディーヌ・オージェ、デザイナーのニノ・セルッティと

バルドーの心を奪ったジジ 彼がバルドーの目に留まったのも、無理はない。リッツィより10歳年上の34歳だった彼女は、ギュンター・ザックスとの3度目の結婚に既に嫌気がさしていた。ザックスはヘリコプターから何千本ものバラを撒いて、彼女のハートをつかんだという。豪華さではかなわなかったリッツィだが、彼女との間には確かに恋の炎が燃えあがった。「君はかよわく悲し気で、知的で繊細。プライバシーを大事にする人だ」と、リッツィは、公開書簡に書いている。

「プライバシーが侵害されると激怒していた。大抵はバズーカのごとくフラッシュをたくカメラマンに対してね。君は神話の裏側で生身の人間として存在していた。だからこそ大好きだった。君の側にいると、自分が世界で一番大切な人間だと感じるようになり、君と一緒に吸う空気しか呼吸する価値がないと思ってしまう」

 運命の力はふたりで楽しんだスポーツにも働いていた。バルドーは、最初のデートでリッツィを水上スキーに招待した。おめでたいことに、彼がポルトフィーノで世界チャンピオンから技術を学んでいたことなど知るよしもなく。

 さらに、リッツィがバルドーが所有するヴィラの外でパパラッチたちを振り払った後、景気づけに飲んだのが(コーヒーを出されたにもかかわらず)ロゼ2杯だったのを見て、彼女はそのフランクで快楽主義的な陽気さの虜になったようだ。

 かくして、ナイトクラブも酒も、注目を浴びることも嫌いなバルドーと、そのどれもが好きなリッツィという、意外な組み合わせのふたりの間で、究極の夏の情事が始まった。

 両者とも、時間の短さは、単に凝縮された時間というだけでなく、その分魅力的な時間に変えてくれるものだと解釈していたようだ。月明りの下で水上スキーをしたり、彼女のクルーザーのデッキから素っ裸で海に飛び込んだりしていたわずか数カ月後、彼らは憎しみ合うこともなく別れた。「ジジは優しかった」と、バルドーにしては珍しく元カレに賛辞を贈っている。

「互いに求めたのは、喜びとシンプルさだけ。一瞬の時間だったのよ」

THE RAKE JAPAN EDITION issue 17
1 2 3 4

Contents