Thursday, October 3rd, 2019

THE HONORARY BRIT

英国紳士なハリウッド監督

photography jamie ferguson text & creative direction tom chamberlin
Special thanks to Mark’s Club
issue10

ビスポークスーツはアンダーソン&シェパード。シャツはAnto。タイはターンブル&アッサー。チーフはポール・スチュアート。ブレスレットは、デヴィッド・ユーマン(ゴールド)とポール・スチュアート(赤と黒)、そして彼の妻ローリーが作ったもの(グリーン)だ。時計はSSケースのロレックスデイトナ。

 さまざまな刺激を追い風にして現在の位置にたどり着いた。とはいえ、そのスタイルには個人的な目的もある。「スーツとタイを身に着けていないと、全然集中できない気がして」と彼は言う。

「ある監督に“朝起きてスーツを着るエネルギーがどこにあるんだ?”と尋ねられたよ。でも僕にとっては、一日の準備のための楽しい習慣。しなければ変な感じがする。心地よく感じることなんだ」

 ポールは、アンダーソン&シェパードのスーツとジョージ クレバリーのシューズを軸にスタイリングを組み立てることが多いという。粋なスタイルは、シャルベのブートニエール、チーフ、タイの鮮やかな色彩によって構成されている。ホンブルグハットやボーラーハット、ステッキなどを取り入れるという点では、大胆さも構成要素のひとつかもしれない。

「伝統的な英国式テーラーリングのスーツや、ボーラーハット、傘、モーニングが大好きでね。最近夢中なのはハンティングウェア。撃つ(shoot)ことはないけど、映画は撮る(shoot)からね(笑)」

本記事は2019年5月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 28

1 2 3 4

Contents