Thursday, October 3rd, 2019

THE HONORARY BRIT

英国紳士なハリウッド監督

脚本家、プロデューサー、俳優、そして映画監督であるポール・フェイグは
実に人好きのする人物だ。オンオフ問わず完全無欠な着こなしに引きつけられる人もいれば、
完璧なマナー、人柄、情熱やウィットに魅せられる人もいる。
彼はあらゆる既成概念を打破する存在である。
photography jamie ferguson text & creative direction tom chamberlin
Special thanks to Mark’s Club
issue10

Paul Feig / ポール・フェイグ1962年ミシガン州生まれ。南カリフォルニア大学映画芸術学部を卒業後、俳優や脚本家、監督とマルチに活躍。代表作は『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011年)、『デンジャラス・バディ』(2013年)、『ゴーストバスターズ』(2016年)など。女性コメディ作品には特に定評がある。伝統的な英国スタイルをこよなく愛し、仕事中でも私生活でもスーツを着用する姿がトレードマークとなっている。

LAから持参した彼のワードローブの一部をご紹介。右ページで彼が着用するビスポークスーツはアンダーソン&シェパード。シャツはビバリーヒルズのAnto。タイはラルフローレン創業50周年記念にTHE RAKEとコラボレーションしたセットのうちの1本。チーフとブートニエールはシャルベで、シグネットリングはティファニー。ステッキは、ジェームズ・スミス・アンド・サンズのもの。

 5カ月ほど前、ポール・フェイグはロンドンのストリートを計画的に封鎖した。次回作『Last Christmas(原題)』の撮影のためである。ジャーミンストリートやボンドストリートといったそのロケ地の多くは、英国の魅力的なテーラーに対する彼の興味を象徴している。彼は仕事中でもプライベートでも自身の装いに情熱を傾けており、その見事なスタイルはすっかりトレードマークとなっている。本記事に掲載している写真は次回作のセットで撮影したものだが、映画製作につきもののガヤガヤした雰囲気とは対照的だ。その姿はまるで、アルフレッド・ヒッチコックやハワード・ホークス、セシル・B・デミルといった往年の巨匠たちの古典に対する敬意を体現しているようだ。

 彼のスタイルは昔から完成していたわけではない。初めはアロハシャツとショーツ姿で監督をしていたが、スーツを着た映画会社役員とのスタイルの格差から働く権力に居心地の悪さを感じ、やがて“自分のスタイルを追求し進化させたい”と自らもスーツを着るようになった。

「ラルフ・ローレンからは大きな影響を受けたよ。クラシックなアメリカンスタイルを追求したからね。僕はディスコ時代に育ったけれど、ケーリー・グラントがダブルのスーツで登場するような映画が好きだったから、“ああいう方向を目指したい”と考えるようになったんだ」

issue10

スモーキングジャケットはアンダーソン&シェパード。シャツはラルフ ローレン パープル レーベル。ボウタイはトム フォード。チーフはシャルベ。シグネットリングはティファニー。カフリンクスは、彼がJ.Crewとコラボレーションしたコレクションのもの。時計はSSケースのロレックス デイトナ。

本記事は2019年5月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 28

1 2 3 4

Contents