Sunday, February 9th, 2020

時代はカスタマイズ&パーソナライズ

CUSTOMISE Your WORLD
自分だけの逸品を作る vol.6

photography jun udagawa styling akihiro shikata

鞄は既製品をベースにマチを広くしたりポケットを加えたり、あるいは写真のアリゲーターブリーフケースのようにパーツごとに色を変えてコンビネーションを楽しむカスタム的なビスポークももちろん可能。目安として、納期は小物類ならオーダーから約4カ月~、鞄は約6カ月~。過去には「ポータブル バー」と呼ばれるウイスキーのボトルやカクテルシェイカー、グラス、ツールなどを収納して持ち運べるトランクのオーダーが入ったことも。Dunhill

CUSTOMISE Your WORLD : 03
DUNHILL
革製品のビスポークは自由自在&世界最高レベル

 2017年秋冬コレクションよりクリエイティブ・ディレクターにマーク・ウェストンを起用。歴史と伝統に敬意を払いながらエレガンスを注入した非常に洗練されたコレクションを発表している一方で、ダンヒルの背景には常に歴史と職人のクラフツマンシップがある。

 ダンヒルは数あるラグジュアリーブランドの中でも、最もオーダーに力を入れているブランドといっても過言ではないくらい、サービスが充実している。英国のテーラールームで仕立てられるビスポークのスーツもそうだし、意外と知られていないものの、鞄をはじめとする革製品のビスポークも群を抜いてすばらしい。

 写真のアリゲーターのブリーフケースのように複数のカラーレザーを組み合わせたり、完全オリジナルのデザインを1から起こしての注文ももちろん可能だ。要望を伝えると、約2週間~1カ月で本社のレザービスポーク担当者がラフを作成してくれ、それをもとに打ち合わせを行っていく。それゆえ、どんなデザインの、あるいはどのようなアイテムであっても大体において制作が可能だという。

 写真のアリゲーターを筆頭に、オーストリッチなどのエキゾチックレザーはフランスの工房で仕立てられることが多く、職人の精緻な仕事は目を見張るものがある。英国然とした雰囲気にまとめたいなら、ロンドン郊外のウォルサムストウに構える自社工房での制作をリクエストするとよい。ここはブライドルレザーなどの英国的な鞄を作らせたら世界で間違いなくトップレベルだ。ダンヒルの革製品のビスポークは本当にすばらしい。

ダンヒル Tel.03-4335-1755
www.dunhill.com/jp

本記事は2019年5月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 28

Contents