Thursday, April 19th, 2018

‘WE GOT A CALL SAYING THE FAMILY BUSINESS HAD BEEN ATTACKED.
MY LIFE IN LONDON STARTED THEN’

祖国を追われ、シガーに救われた男

「家業の会社が襲撃されたという電話を受け、ロンドンで再出発しました」
エドワード・サハキアンは、革命中のイランから亡命して、
いかにして世界的に有名なシガーショップ“ダビドフ・オブ・ロンドン”を立ち上げたのか。
text tom chamberlin photography kim lang

ダビドフ・オブ・ロンドンのウォークイン・ヒュミドールでダビドフNo.2をテイスティングするエドワード・サハキアン。

 6キロのキャビア、20キロの米、そして1着のタキシード。それだけを持って、エドワード・サハキアンが家族とともにイランからロンドンにやって来たのは、1978年のことだった。それから40年経ったいま、 彼はロンドンのラグジュアリーシーンにおける、カルチャーアイコンになっている。

 世間は理不尽だ。地道に努力し成し遂げられた偉業は、たいてい評価されないのに、リアリティ番組で騒げば、マルチメディアで注目されて、億万長者になれる。でも今回、世間もたまには優れた業績を、正当に評価してくれるということを示す出来事があった。キューバで開催されたハバノス・フェスティバルで、その年、葉巻業界に最も貢献した人物に与えられる「ハバノス・マン・オブ・ザ・イヤー」にダビドフ・オブ・ロンドンのエドワード・サハキアンが選ばれたのである。

 エドワードは同業者から人気や尊敬を集める成功者だが、人間的にも親切で寛容なすばらしい人物だ。彼を私に紹介してくれたのは、同アワードを2007年に受賞した、作家・ライターのニック・フォルクスだ。めったに人を褒めないニックが賞賛していたので、会う前から特別な人だと思っていた。

 実際、エドワードと息子のエディ(父親に引けを取らないほど情熱的な男で、共同経営者でもある)のおかげで私はシガー愛好家になり、葉巻のことをもっと知りたい、そこに秘められた謎や喜びを解き明かしたいと思うようになった。

 しかし、エドワードがどうやって今の地位を築いたのかは知らなかった。彼はどうして、シガーに人生を捧げることになったのだろうか? 彼はこれまでに何を学んできたのだろうか? そんな話を聞くためにロングインタビューを敢行した。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 18
1 2 3 4 5 6

Contents