Monday, August 19th, 2019

NICOLAS CAGE ニコラス・ケイジ

映画狂を虜にする、
稀代のハリウッドスター

text nick scott photography simon emmett fashion direction jo grzeszczuk Produced by Flower Avenue
issue10

ウェスタンジャケット Kingsman by Mr Porter
シャツ ¥75,000 Tom Ford
デニム Acne by Mr Porter
ウールタイ Anderson & Sheppard Haberdashery
ベルト Harrods of London
ブーツ ¥2,410,000 Berluti
ハット property of Nicolas Cage

 この話をしている時点でも、ケイジの住まいから目と鼻の先で、心を大きく揺さぶる出来事があったばかりだ。2017年の10月に起きたラスベガスの銃乱射事件である。国外では知られていないものと考えて話題を切り出すケイジに、アメリカ人らしさを感じる。

「ベガスでも恐ろしい事件が起きたばかりなんだ。あの夜、僕は仕事で不在にしていて、戻ってきたばかりだった。車を自宅のガレージに入れていた頃、すべてが起きていた。あの事件は地域社会全体を揺るがしたから、事件についての人々の発言には関心がある。世間で何が起きているかを理解するのは、さほど難しくないと思う。僕は、皆が動機を探しているんだと思うんだ。容疑者に政治的な関わりがあったのか、それとも正気でなかったのか、という風にね。結局のところ、彼はギャンブラーとして、トランプやビデオポーカーなんかで年に100万ドルを稼いでいた富豪で、さらに高いところを目指していたんだよ。全員ではないけれど、こうしたギャンブラーの中には、捕まらずに逃げおおせられるかを試すためだけに、けた違いのリスクを負って、凶悪な行為に手を染める人もいる」

経験や感情を生かして役になり切る 人生のままならないストーリーに触れることだけでなく、他者の演技を貪欲に観察することからも、ケイジはインスピレーションを得ている。その最たる例は、彼のキャリアを少しでも知っている人ならば、まっ先に口にするであろう映画だ。

本記事は2018年3月24日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 21

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Contents