Monday, July 29th, 2019

GOOD to be HOME
アメリカンドリーマーが築き上げた
驚愕の邸宅

過去30年以上にわたり、アメリカらしい洗練されたアパレルを世界中に届けてきたトミー ヒルフィガー。
創業者でデザイナーのトミー・ヒルフィガー氏とその妻ディー氏は、コネチカット州のゴールドコーストに建つ、
歴史的建造物としても名高い館を蘇らせ、誰もが羨む究極の隠れ家を作り上げた。

Tommy Hilfiger
トミー・ヒルフィガー
1951 年ニューヨーク州エルマイラ生まれ。高校時代、わずか150ドルの資金でセレクトショップ「ピープルズ プレイス」をオープン。独学でファッションを学び、1979 年よりデザイナーとして活躍。自身の名を持つブランドを設立し、1985 年にファーストコレクションを発表。現在も彼がプリンシパルデザイナーとしてブランドを牽引する。

スージー・ヒルフィガー氏は、新居祝いとして夫妻にニワトリをプレゼントした。ニワトリたちは“トミーレッド”に塗装した小屋で暮らしている。

歴史ある館の伝統を守るリノベーション

 ニューヨーク市から北にわずか35マイル。コネチカット州グリニッチの最も高い場所に位置する約10万平米のこの地を、ふたりはラウンド・ヒルと呼んでいる。風光明媚でマンハッタンにアクセスしやすいこの土地は、申し分のない選択肢だった。この地の持ち主こそ、アメリカを代表するアパレルブランドの創業者であり筆頭デザイナーのトミー・ヒルフィガー氏とその妻のディー氏だ。
 ラウンド・ヒルに館が最初に建設されたのは、1939年。当時数々の賞を獲得していた建築家の設計によるもので、建て主であった不動産王にちなんでシャトー・パテルノと呼ばれていた。1961年には当時の著名な美術品収集家に売却され、19世紀以降の絵画と彫刻の大規模なコレクションが披露されていたという。
 トミー&ディー・ヒルフィガー夫妻は、2010年にこの地所を購入すると、すぐさまリノベーションに取りかかった。目指したのは、フランス・ノルマンディー地方のディテールを取り入れた、心地良い英国式カントリーハウスだ。インスピレーションに関しては、夫妻それぞれの経験以外に頼る必要はなかった。「幸い、ディーと私は旅の経験が豊富でしたから。旅によって、私たちは異文化に対する理解と尊敬の念を深めました。この家は、そんな敬意を表すための絶好の機会だったのです」とトミー氏は語る。
 館は建設以来、幾度となく手が加えられていたが、幸いなことにノルマン様式を基調としながら、ゴシック様式とチューダー様式を色濃く残す構造は変わらなかった。従って、現代の家族の生活様式に合わせたリノベーションを行いつつ、建築の伝統を保護することを目指した。これには細心の注意と大規模な調査を要した。まず館が建設された1930年代を振り返ることが出発点となった。歴史通の方ならば、当時は裕福なアメリカ人がヨーロッパへ旅行し、思想、装飾、スタイルを次々と持ち帰った時代であったことをご存じだろう。この館もまた、例外ではなかった。
 トミー ヒルフィガーの特徴でもある「コントラスト」は、ラウンド・ヒルの随所に取り入れられている。例えば、地所自体はトミー氏曰く「田舎のエリアにある」が、3階のオフィスからは、遠くできらめく賑やかな街の明かりを垣間見ることができる。また、この館の中心を成すキッチン周りには最新の電化製品と設備が整えられている。このバランスの見極めこそが、最大の成果だった。
 壮麗な館に釣り合うことを求められる屋外空間も見事である。目指したのは、多彩な体験を生み出す空間。夕食を終えた家族が庭園を散歩し、広い芝生の上で心休まる自然の音に耳を傾けてピクニックを楽しむ光景。「つまり建設当時の庭園の姿を想像し、それを取り戻す、という驚くべき作業でした」とディー氏は語る。
 6年近くかけてついに完成した邸宅は、あらゆる面で期待を上回るものだった。美術品や装飾品で荘厳さを漂わせる一方、温かさと心地良さに満ちたこの館は、何世代にもわたって親しまれる場所になるに違いない。やはり我が家はいいものだ。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 21
1 2

Contents