Monday, August 19th, 2019

NICOLAS CAGE ニコラス・ケイジ

映画狂を虜にする、
稀代のハリウッドスター

text nick scott photography simon emmett fashion direction jo grzeszczuk Produced by Flower Avenue
issue10

コート Enlist
シャツ Ralph Lauren Purple Label
デニム¥66,000、ブーツ¥2,410,000 both by Berluti
時計「ロイヤル オーク フロステッドゴールド」自動巻き、18KWGケース、37mm ¥5,200,000 Audemars Piguet
ハット、ブレスレット all by property of Nicolas Cage

「西洋歌舞伎の一種とも考えられるかもしれないが、あれはメソッドそのものだった。つまり、本物だったんだ。要するに、あのシーンに映っているのは本物の一時的な意識喪失だ。それは僕自身が目指した状態だったけれど、撮影中に毎日できるようなことじゃない。自分が制御不能になるタイミングを選べるように、自分を制御していなければならないからね。あの映画に関してひとつ気づいたのは、2種類の反応があるということ。作品を見て、マティーニを飲みたくなる人と、もう二度と飲みたくないと思う人とに分かれるんだ。僕はどちらのタイプにもなった経験があって、自分なりの悩みや心配にずっと四苦八苦してきた。映画と映画の合間には、少し自己破壊的になることがあるから。ハードドラッグなんかをやるわけじゃないけれど、時には飲み過ぎてしまったこともある。あの映画では、そんな状態の自分自身を録画するプロセスを経験したのだと思う。そういった振る舞いを思い出して、参考にできるからね」

 ケイジの驚くべき多作ぶりは、これからもずっと変わらないのだろうか?

「きっとね。僕は止まらないと思う。僕にはこれが合っていると思うから、ずっと歩み続けるつもりだ。『デビルクエスト』でご一緒したとき、クリストファー・リーは80歳を優に超えていた。僕もその境地を目指したい。仕事をし続けたいんだ」

 もしこの先、ケイジが出演する作品のどれかに、冒頭で紹介したような、チャーリー・シーンと繰り広げた飛行機での出来事を再現するような場面が盛り込まれたら、願ったり叶ったりである。

FASHION ASSISTANT: VERONICA PEREZ
GROOMING: BUNNY HAZEL CLARKE USING LAB SERIES
MODEL: ALAIN GOSSUIN / SUCCES


本記事は2018年3月24日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 21

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

Contents