Saturday, April 18th, 2020

MR.VICE GUY

アンチヒーローを極めた男
俳優:サム・ロックウェル

text tom chamberlin photography david roemer
fashion direction grace gilfeather art direction rob french styling veronica perez

 拍手喝采やスタンディングオベーションの目新しさは、徐々に薄れるものなのかと尋ねてみたら、彼はこんな風に話す。

「僕はいつもたくさんの幸運や愛、元気を人からもらって、素晴らしい役に恵まれてきた。最近はクリント・イーストウッド監督の映画『リチャード・ジュエル』にも出演したし、ここ数年はすごくうまくいってる。怖じ気付きながらもたくさん仕事をしてきたから、少し燃え尽きた感じで、ちょっと疲れているけどね」

 長編映画に立て続けに出演し、さらにテレビシリーズにまで出演していれば、働きづめになることは必至である。ミシェル・ウィリアムズと共演したドラマ『Fosse/Verdon(原題)』で、彼は映画監督で振付師のボブ・フォッシー役を務めている。やはり攻撃的で酷(むご)い人間なのだが、魅力的な部分も併せ持っており、この役もまたハマリ役といえる。

「ボブ・フォッシーは複雑な男。確かに自己陶酔型で、残酷な部分もあったし、自分の力を乱用することもあった。でも間違いなく天才で、優しいところもあった。傷を負った男だったんだね」

本記事は2020年1月24日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION ISSUE 32

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

Contents