June 2020

Exclusive Interview
JON HAMM
HAS SOMETHING ON HIS MIND

俳優:ジョン・ハム
遅咲きが貫く信条

text tom chamberlin photography nino muñoz
fashion direction grace gilfeather styling veronica perez

 “あなたがしたいと思っている素敵なことを、僕もぜひしたい”と素直に言えることがどれだけ幸せなことか、ハムは常に自分に言い聞かせている。自分がそんな人間ではなかったこと、傍から見るだけで、こういう会話はできなかった時代を覚えているからだ。今は自分の境遇に満足し、素晴らしい環境にいるという。

「仕事を楽しみ、人生を謳歌している。メンタルも常に安定した状態を保とうと努めている。ないものを期待したり欲しがったり懇願したりするのではなく、今という瞬間を生き、今の僕にあるものに感謝するよう心がけているよ。僕には素敵なものがたくさんある。何かを手にするための努力というのは、手にしたものを満喫する時間につながると思う」

 彼は多忙で手にしたものを満喫する時間がないように見えるかもしれない。2019年は4本もの映画で重要な役を演じてきた。中でもハムにとって特に嬉しかったのは、『リチャード・ジュエル』でのクリント・イーストウッド監督との仕事だ。

「彼はとてつもない力の持ち主で、一緒に作品を作り上げる経験はすごく貴重だった。信じられないほど素晴らしい人で憧れる。自分が90歳になったとき、彼のように歩み続けられるよう願うばかりだよ」

 2020年(日本では7月10日)公開予定の『トップガン マーヴェリック』のトレーラーを目にした人は皆、期待に胸を膨らませているだろう。ハムにとっても、この大作への出演は夢にも思わなかったことらしい。

本記事は2020年3月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 33

1 2 3 4 5 6 7 8 9

Contents