April 2020

DRAKE'S

サヴィル・ロウのゲームチェンジャー

text yoshimi hasegawa photography james holborow

 ドレイク氏の引退に伴い、2010年にマーク・チョー氏とともに共同オーナー、彼がクリエイティブディレクターになってから、ドレイクスはタイメーカーからブランドへと変貌を遂げた。ロンドン東部に新しいファクトリー兼オフィス、メイフェアに直営店をオープンしたのが約10年前のことだ。

 そして今やロンドン、ニューヨーク、東京、ソウル、パリにストアを持ち、タイといったアクセサリーはもちろんのこと、トータルに揃うブリティッシュメンズウェアブランドとしてグローバルに展開している。

 前年比15%増という破竹の勢いのドレイクスだが、メンズウェアのカジュアル化が進む中で、フォーマルウェアはどうなると考えているのだろうか。

「従来のユニフォームとしてのスーツといったフォーマルウェアへの需要は減っているかもしれないが、フォーマルとカジュアルの間、いわばスマートクローズの需要はむしろ増えている。これはポジティブな要素だ」

左:グリーンのコットンツイルのジャケット、クレイジーパターンのシャツに、エメ レオン ドレとの限定コラボレーションのブロック・ストライプ・セーターをアクセントとしたコーディネイト。
右:タイは抑えた色調のアニマル柄も人気。

THE RAKE JAPAN EDITION ISSUE 32
1 2 3 4

Contents

<本連載の過去記事は以下より>

本邦初公開! 新しくなった聖地 サヴィル・ロウ再起動

ハケット氏の新しいサヴィル・ロウ

最高峰のビスポークの真価

伝統に勝てるものはない

コンテンポラリーなビスポーク