Tuesday, April 14th, 2020

HENRY POOLE

伝統に勝てるものはない

サヴィル・ロウを聖地たらしめているもの、それがビスポークの伝統だ。
サヴィル・ロウに現存する最古のテーラー、
ヘンリー・プールには伝統を継承するためのアグレッシブな変革がある。
text yoshimi hasegawa photography james holborow

Alex Cooke / アレックス・クックシニアカッター。英国服地の産地として有名なヨークシャーで幼少期を過ごし、ファッションに興味を持つ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、ヘンリー・プールに入社。2013年に7代目当主のサイモン・カンディ氏とともにマネージングディレクターに就任。20年を超える経験を持ち、ヘンリー・プールのみならず、サヴィル・ロウを代表するカッターのひとり。

 カナダグース、アディダス、ランドローバー。この共通点はなにか?

 これを聞いて、答えがすぐにわかる者がいたら、サヴィル・ロウに精通している人に違いない。

 答えはヘンリー・プールが近年コラボレーションしたブランドだ。サヴィル・ロウの老舗のイメージから、意外に思われる人も多いのではないだろうか。

 外から見ると、頑なに変化を好まず、保守的なように見えるサヴィル・ロウだが、実は刻々と変遷を続けている。

 激動の現代社会において、伝統を継承し、名門のステイタスを保っているにはそれだけの理由がある。

THE RAKE JAPAN EDITION ISSUE 32
1 2 3 4 5 6

Contents

<本連載の過去記事は以下より>

コンテンポラリーなビスポーク

サヴィル・ロウのゲームチェンジャー

最高峰のビスポークの真価

ハケット氏の新しいサヴィル・ロウ

本邦初公開! 新しくなった聖地 サヴィル・ロウ再起動