Thursday, June 20th, 2019

Through the looking glass

ロスチャイルド家のパーティへようこそ

ギー・ド・ロスチャイルド男爵は、金持ちは、金持ちらしく生きなければならない、という考えを提唱し、それを「リシェス・オブリージュ」と呼んだ。
それを誰よりも体現したのが、妻のマリー・エレーヌのパーティだった。
text stuart husband

ギー・ド・ロスチャイルド男爵(右)とマリー・エレーヌ・ド・ロスチャイルド(左)。1959年、自宅で開かれたパーティにて。

 1972年12月12日、ギー・エドゥアルド・アルフォンス・ポール・ド・ロスチャイルド男爵と、妻のマリー・エレーヌ・ド・ロスチャイルド男爵夫人は、パリ郊外ブリに所有する大邸宅、シャトー・ド・フェリエールにてパーティを開催した。

 ロスチャイルド一族の話である。当然、それは実に盛大なパーティだった。“ディネ・ド・テート・シュルレアリスト(シュールな頭の晩餐会)”と名付けられたそのパーティのドレスコードは、「ブラックタイ、ロングガウン、そしてシュールな被り物」というものだった。

金持ちは、金持ちらしく 到着したゲストの目の前にそびえ立つ荘厳なシャトーは、ロンドンのクリスタルパレスの設計者、ジョセフ・パクストンが1859年に設計した建物だ。

 このシャトーがオレンジ色の動くサーチライトに照らされ、燃え上がっているように見えていた。建物の中では、マスコミに「パリのパーティ女王」と呼ばれたマリー・エレーヌの細部にまでこだわった演出が、150人のゲストを楽しませていた。

 会場は黒いリボンで、巨大なクモの巣のように飾られていた。メインの大階段には猫の仮装をした男たちが、さまざまなポーズで佇んでいた。皿の上には毛皮が載せられ、フォークの代わりに死んだ魚が置かれ、テーブルにはカメの剥製が飾られていた。デザートは、バラの花のベッドに横たわった、局部をバラで隠しただけの全裸女性で、等身大のそれは、実はすべて砂糖でできているのだった。

 オードリー・ヘップバーンは、マグリット風に鳥かごを被って登場した。エレーヌ・ロシャスは、蓄音機のホーンの先が人の手に変形した帽子を着用していた。ゲストはタペストリーで飾られたサロンへと案内され、ここで男爵夫妻と面会した。男爵は17世紀オランダの静物画(死んだキジや腐りかけのフルーツが描かれている)を3D化したような帽子を被り、一方の男爵夫人は牡鹿の被り物で頭部を覆っていた。それは立派な角を生やし、目からはペアシェイプのダイヤモンドの涙を流しているのだった。

 ゲストはこの光景を目にして、男爵のある言葉を思い出したに違いない。

「古いフランスのモットーに、ノブレス・オブリージュという言葉がある。高貴な人は、その名に恥じぬよう生きねばならない、という意味だ。ロスチャイルド家には、もうひとつモットーがある。リシェス・オブリージュだ。金持ちは、金持ちらしく生きなければならない、という意味だ」

THE RAKE JAPAN EDITION issue 15
1 2 3 4 5 6 7

Contents