Monday, April 5th, 2021

The Rakish ART ROOM Vol.13

貴殿も世界の名画オーナーに!

フリーマーケットで、1万円で売られていた1枚の絵。
店先に無造作に置かれていたその絵は、猪熊弦一郎の晩年の傑作だった!
text setsuko kitani
cooperation mizoe art gallery

1万円で購入した作品が、実は大変価値のある本物だったという本作は、右下の89の数字から1989年の作とわかる。ちょうど猪熊が「顔」シリーズを集中的に制作したのが1988~89年であることからも、シリーズとの関連が考えられよう。《人物》1989年、キャンバスに油彩45.5×37.9cm F8号 ¥1,500,000(税込価格)お問い合わせはinfo@therakejapan.com まで

「開運! なんでも鑑定団」に1枚の絵が出品された。依頼主によると、その絵は数年前にフリーマーケットで購入したという。もともとは椅子を探していたのだが、店先に無造作に置かれた、インパクトのある女性の絵に強く惹かれたそうだ。

「guén」という有名な画家のサインが入っているにもかかわらず、店主は美術作品に無頓着だったようで、値段はたったの1万円。稀にみる掘り出し物と思い購入して帰ったものの、「フリマでお宝に出くわすなんて、そんなうまい話があるわけない」という周囲の声を受けて、作品の鑑定を番組に依頼したというわけだ。

 待望の鑑定結果は、なんと本物。ガラクタ同然に売られていた1万円の作品が実は300万円のお宝だったという、骨董好きにはたまらない結果となった。

 依頼主に思わぬ幸運をもたらしたその作品が、今回の名画《人物》である。「guén」というサインの主は、明治35(1902)年に生まれ、大正、昭和、平成と、4つの時代をまたいで活躍した洋画家・猪熊弦一郎。健康上の理由から東京美術学校(現・東京藝術大学)は退学したものの、昭和13(1938)年、フランスに遊学した際には、ピカソと並ぶ20世紀美術の巨匠アンリ・マティスの指導を受け、戦後は、52歳から約20年にわたって、ニューヨークで制作活動を展開。それまで半具象のモダニズム絵画を描いていた猪熊は、アメリカで明るい色彩と明快なかたちによる独自のスタイルを獲得し、戦後の日本を代表する抽象画家のひとりとなった。

《人物》の裏面には、上のような楽しい抽象画が描かれている。

本記事は2021年3月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 39

1 2 3

<本連載の過去記事は以下より>

貴殿も世界の名画オーナーに! ジャスパー・ジョーンズ

貴殿も世界の名画オーナーに! フェルナン・レジェ

貴殿も世界の名画オーナーに! パウル・クレー

貴殿も世界の名画オーナーに! モーリス・ユトリロ

貴殿も世界の名画オーナーに! ピエール=オーギュスト・ルノワール

今買える、世界の名画 Vol.07 クロード・モネ

今買える、世界の名画 Vol.06 アルベルト・ジャコメッティ

今買える、世界の名画 Vol.05 パブロ・ピカソ

今買える、世界の名画 Vol.04 アンリ・マティス

今買える、世界の名画 Vol.03 モイーズ・キスリング

今買える、世界の名画 Vol.02 ワシリー・カンディンスキー

今買える、世界の名画 Vol.01 マルク・シャガール