Thursday, June 27th, 2019

A super sad true love story

悲劇の写真家、ボブ・カルロス・クラーク

text stephen wood
issue10

『Vicky & Vanessa(ヴィッキーとヴァネッサ)』(1999年)
© THE ESTATE OF BOB CARLOS CLARKE / THE LITTLE BLACK GALLERY

 カルロス・クラークはこの頃、自身の方向性を左右するもうひとりの重要な(かつ謎めいた)人物と知り合った。

“ザ・コマンダー”と呼ばれたこの男性は、「非の打ちどころのない、60代の銀髪の紳士」で、彼にロンドンのフェティシズム界を紹介した。

 この時カルロス・クラークの興味をかき立てたのは、フェティシズムの行為よりも、ラバーに身を包んだ女性を撮るというアイデアだった。フェティシズムはニッチで物議を醸しやすいジャンルだったが、彼は躊躇しなかった。それどころか、その後の10年間は、ピンヒールをはいた女性たちを、ひたすら撮り続けた。

「おかげで10年後には、自分でも恥ずかしくなるような評判が定着し、田舎のアダルトショップの代名詞になったよ」

THE RAKE JAPAN EDITION issue 15
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

Contents