Thursday, June 27th, 2019

A super sad true love story

悲劇の写真家、ボブ・カルロス・クラーク

text stephen wood
issue10

『Masked Blonde(仮面を着けたブロンド)』(1996年)
© THE ESTATE OF BOB CARLOS CLARKE / THE LITTLE BLACK GALLERY

 言うまでもなく、その口実が最大の威力を発揮したのは、女性にアプローチするときだった。アートカレッジに進んだ彼は、学友のスー・フレームという女性を口説く手段として、カメラを利用した。

「私には何の経験もなかったが、勇気を振り絞りスーを説得すると、彼女を浜辺へ連れていった。クロームメッキをふんだんに施した650ccのトライアンフ・ボンネビルの上で、ポーズを取ってもらった。太陽はまぶしくかすんで見え、穏やかな海風に彼女の髪がなびいていた。私は必死で写真家を気取った……現像タンクから現れたネガは、奇跡的にくっきりとシャープだった。数年後、スーと私はケンジントンの登記所で結婚した」

 しかし、ふたりの結婚生活は長続きしなかった。セックスを撮ることに熱中し始めたカルロス・クラークが、別の女性に心を奪われたからだ。

 彼は70年代前半にロンドン・カレッジ・オブ・プリンティングへ進学したのだが、学費を賄うために、女子学生らを説得し、成人向け雑誌のヌードモデルをやらせた。報酬は1回につき350ポンドで、それをモデルと折半していた。次第にスーと距離を置くようになった彼は、リンジー・ラドランドというモデルと恋仲になった。彼女こそ、後に彼のふたり目の妻となり、一粒種であるスカーレットを産み、ついには彼に先立たれる女性だ。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 15
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

Contents