Wednesday, February 27th, 2019

UNPEELING THE BIG APPLE

N.Y.流スタイルとは何か?

text yoshimi hasegawa photography rose callahan

David Coggins / デヴィッド・コギンズメンズウェアを中心にアート、トラベルなどライフスタイルについて寄稿するライター&編集者。『コンデナスト・トラヴェラー』のコントリビューティング・エディターを勤め、近著には『Men&Manners』がある。父は受賞歴もある作家にしてアーティストのデヴィッド・コギンズ。ニューヨーク在住。

J.ミューザーのビスポーク、グリーンツイードのヘリンボーン柄ジャケットにモールスキンのトラウザーズ。ピンクのシャツはフリーマンズ、ニットタイはドレイクス。ポケットチーフはドレイクスの別注。

お洒落は“知性”のゲームだメンズウェアとルールを愛し、男のライフスタイルの求道者であるデヴィッド・コギンズ。
父から継承したアメリカントラッド、そこから彼自身が辿り着いたスタイルこそニューヨークスタイルだ。

 本棚には溢れんばかりの蔵書、デスクには古いタイプライター、乱立するウィスキーの瓶、草臥れたブラウンレザーのソファの前には暖炉があり、足元にはいい風合いに擦り切れたカーペットが幾重にも重なる。

 果たして、これ以上の理想の男の栖があるだろうか。

 住んで9年になるというデヴィッド・コギンズ氏のアパートメントには彼の思い描く「男の小宇宙」が展開されている。

 このエリアは感度の高い人々が住む瀟洒なところで、洒落たカフェやビストロもある。前述のテーラー、J.ミューザーも徒歩圏内だ。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 25
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

Contents