Wednesday, July 8th, 2015

EMPIRE OF THE SONS

地球上で最も裕福な一族
―ロスチャイルド家の系譜―

text james medd
issue02_150331_03

イギリスのバッキンガムシャーにあるワデスドン・マナーも、ロスチャイルド一族が建築・所有する豪華な邸宅の一つ。その建築様式は典型的な「ロスチャイルド風」スタイル。

国家経済に匹敵する規模 一族はまたたく間に目覚ましい成功を遂げたため、ロスチャイルド帝国は2世代のうちに、国家経済に匹敵する規模に成長した。

 1825年には、ネイサンがイングランド銀行のテコ入れを依頼され、孫のネイサン(同名)も60年後に国家財政を支援した。孫のネイサンはその功績に対して男爵位を授与されている。金とともに影響力や権威も手にしたわけだ。

 ロスチャイルド家は1865年から1923年にかけて、アリスバーリー選挙区から庶民院議員を何人も輩出し、婚姻を通じて他の有力な一族とつながりを深めた。ロスチャイルド一族は強い絆で結ばれていたが、各国の名家とも関係も強化していった。

 イギリスではバタシー家やチャムリー家、ローズベリー家といった貴族、イタリアではボルゲーゼ家、後年はグッゲンハイム家やギネス家、ウォーバーグ家、ウッドハウス家とも姻戚関係を結んだ。

issue02_150331_04

ウォルター・ロスチャイルド男爵の奇抜な動物学コレクション。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 03
1 2 3 4 5 6 7 8