Wednesday, July 8th, 2015

EMPIRE OF THE SONS

地球上で最も裕福な一族
―ロスチャイルド家の系譜―

text james medd
issue02_150331_02

イギリスのバッキンガムシャーにあるワデスドン・マナーも、ロスチャイルド一族が建築・所有する豪華な邸宅の一つ。その建築様式は典型的な「ロスチャイルド風」スタイル。

大成功を生む秘密—— パリでは、ネイサンの弟ジェームズ(1792~1868年)がフランス経済の中心となる鉄道や鉱山事業に投資した。ジェームズは、5大シャトーとなるシャトー・ラフィット・ロートシルトを設立し、イギリスにいる甥のナサニエル(1812~1870年)もその近くのシャトー・ムートン・ロートシルトを購入してワイン醸造業に乗り出した。これを皮切りにロスチャイルド家はワイン業界への関与を深め、のちに北米や南米、南アフリカやオーストラリアのワイナリーも手中に収めた。

 一方、イギリスのロスチャイルド家はデビアスのダイヤモンド鉱山からロンドンの地下鉄、セシル・ローズによるローデシアの植民地化までありとあらゆる事業に投資し、ロンドンのメイフェア地区の不動産も買い占めた。メイフェアは今でも、世界で最も賃貸料が高い地区の一つである。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 03
1 2 3 4 5 6 7 8