March 2021

THE CHASE OF THE THRILL

アルフォンソ・デ・ポルターゴの
速く、短い生涯

text nick scott

オリンピックのボブスレー競技に出場(1956年)。

 友人たちの間では“フォン”と呼ばれていた彼は、A地点からB地点へ電光石火の速さで移動することが大好きだった。 わずか17歳にしてすでにパイロット免許を取得していた彼は、すぐにそれを失うことになった。ロンドンのタワーブリッジの下を飛行機でくぐり抜けることができるかどうかという賭けをし、それに勝ったのだ。

 アルフォンソは生まれながらのヒーローだった。彼は「もし時代が違っていたら、騎士になっていた」と発言しており、友達からは「生まれたのが3、4世紀遅すぎた」と冗談を言われていた。

 フランス、ビアリッツにあるファミリーの領地で育った彼は、17歳になる頃には、パリのナイトライフシーンで女性たちを虜にしていた。20歳の時に、ほとんど知らないアメリカ人の元モデル、キャロル・マクダニエルと結婚し、彼女との間にふたりの子供をもうけた。しかしその後、女優のリンダ・クリスチャンとの不倫が発覚し、マクダニエルとは離婚手続きに入った。彼の国際的なプレイボーイとしての日々は、まだ始まったばかりだった。

 プレイボーイとしての名声をさらに高めたのは、1953年にニューヨークに引っ越してからだった。彼は元祖スーパーモデルのドリアン・リーなどの女性と関係を持つようになった。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 38
1 2 3 4

Contents