Monday, July 6th, 2015

LA BELLE ET LABÊTE

セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンの物語
フランス一純粋で、淫靡だった2人

セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンは、同世代の人々にとって黄金のカップルだった。
2 人の大恋愛は、今なお私たちの心を揺さぶり、魅了し続けている。
by joycelyn shu

 情熱的で嵐のような情事によって、当時を代表する華々しいカップルとなった2人は、1968年に、映画『スローガン』のセットで初めて出会った。パリでのこの出会いは、一目惚れと呼ぶにはほど遠いものだった。この低予算のフランス映画で主役を務めていた、英国の上流階級出身の美しき女優は、自分のもとを訪れていた兄に大いに愚痴をこぼした。

「彼、最悪なの!セルジュ・ブールギニョンとかいう人!私と共演しているあの男よ。私の恋人役のはずなのに、すごく横柄でお高くとまっている上に、私を完全に見下してるの!」

 数々の騒動を巻き起こすことになる、ジェーン・バーキンとセルジュ・ゲンズブールの関係は、こんな最悪の状況から始まった。しかしこれは、このカップルにぴったりの幕開けでもあった。

 ロンドンの高級住宅街、チェルシー出身のバーキンは、みずみずしく奔放な22歳の娘だった。1966年の映画『欲望』において、メジャー映画で初めて全裸を披露した女優となったことで名を売っていた。スラリとした脚で優雅に歩く彼女は、自然体の美しさとスタイルが特徴的だった。

 一方ゲンズブールは、うさん臭い雰囲気を漂わせる個性派の40歳で、天才ミュージシャンとして活躍していた。彼の並外れた作詞能力は大いに尊敬されたが、酒とタバコにまみれ、どんちゃん騒ぎを繰り返すライススタイルは悪名高かった。当時の人々は、一見ちぐはぐなようで、不思議と好対照をなすこのカップルに、魅了されていくことになるのだ。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 02
1 2 3 4 5 6 7 8