Friday, January 17th, 2020

GET MARQUESS

一足の“マーキス”が出来るまで

靴ファンの間でカリスマ的人気を得ているマーキスに、
本誌編集長・松尾が、実際にオーダーを入れてみた。
店選びから完成まで、各プロセスにおける疑問を、ひとつひとつ伺った。
photography tatsuya ozawa

●店選び
―そもそも、どうやって自分に合った靴屋を見つけたらいいのか、そこが難しいと思うのです。
「これは絶対にお店に足を運んだほうがいいでしょう。そして実際のサンプルを見るべきです。ネットでも情報は入手できますが、やはり一度会って決めたほうがいい。職人とのフィーリングが合うかどうかという点も重要ですから」

―サンプルだけ見せてもらうというのも“あり”ですか?
「私はありだと思いますよ。もちろん事前の予約は必要です」

―マーキスにはどんなタイプのお客様が多いのですか?
「結構バラバラです。靴マニアの方もいますし、スーツに合わせるという方もいます。以前はドレス一辺倒でしたが、最近はカジュアル志向のお客様が増えました。『デニムに合わせたい』というリクエストも多いのです。トウもより丸みを帯びたモデルに人気があります」

●採寸
―採寸時に注意すべきことは?
「飛行機から降りてすぐ来店なさるのは、止めたほうがいいです。気圧の関係で足がムクんでいますから。同じ理由で、お酒を飲んでいるときも避けましょう」

―どんなものを着て行くべきですか?
「ソックスはオーダーする靴を履くときと同じもので。服もその靴を履くときと同じ格好をして行くといいでしょう」

本記事は2019年9月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 30

1 2 3 4 5 6 7 8