Friday, January 17th, 2020

GET MARQUESS

一足の“マーキス”が出来るまで

photography tatsuya ozawa

―ディテールで遊ぶとしたら?
「奇を衒ったことは好まれません。例えばパーフォレーションの穴の大小を変える“親子穴”や、カット部分の“ギンピング”(=ギザギザ模様)などでしょうか。“メダリオン”も遊べます。イニシャルや星座などをリクエストされる方もいます」

●革選び
―どんな革がおすすめですか?
「当店で扱っているのは、まずポーランドのワインハイマーのカーフ。これは黒しかありません。松尾さんの靴もこれで作りました。それからイタリアのイルチアやドイツのフロイデンベルグのヴィンテージ。今のものだとイタリア製が多いでしょうか。実はタンナーのブランド名は私自身もあまり知らないのです。品質だけで選びますから」

―エキゾチック系はどうですか?
「クロコダイルとリザードでしょうか。実はクロコだと、ローファーなどカジュアルに仕立てる方が多いのです。フォーマル系だと押し出しが強くなりすぎてしまうと思われるのでしょう」

―ロシアンカーフなどのレア系は? そこのブーツは、ロシアンカーフでは?
「これはレプリカです。実は本物もほんの少しストックしてあるのですが、オーダーは受けません」

―天皇陛下からオーダーが来たら?
「ははは、そうですね(笑)。そうしたらロシアンカーフでお作りしますよ」

本記事は2019年9月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 30

1 2 3 4 5 6 7 8

Contents