Friday, January 17th, 2020

GET MARQUESS

一足の“マーキス”が出来るまで

photography tatsuya ozawa

サンプルを前に話し込む靴屋と顧客。靴屋選びでは実際に店を訪れることが必須だという。

―どんなところを測るのですか?
「まずアウトラインを取ってから、ボールジョイントの幅やアンクルの高さなど各部をメジャーで測ります。お客様は、ただリラックスして頂ければと思います」

●デザイン選び
―デザインは、いつも迷ってしまいます。
「実はうちのお客様は、迷わない方が多い。最初から作りたいモデルが決まっているのです。基本的にはトラディショナルで、黒のストレートチップの他、当店ではフルブローグも人気があります」

―こちらには、ハウススタイルのようなものはあるのですか?
「人気があるのは“マーキス・スクエアトウ”でしょうか? これはラウンドとスクエアの中間のようなスタイルで、丸みがかったチゼル風のトウです。もちろんそれ以外をお選びになってもいいのです」

―「トウの形はどうしましょう?」という問いには、どう答えればいいですか?
「わからなかったら、おまかせがいいと思います。当店ではソールのウエスト仕様もお聞きしますが、ほとんどは絞り込んだベベルド・ウエストになります。スクエアウエストはカジュアルのときが多いですね。それからソールの厚みもお聞きします。これも好みですが、わからないときはすべておまかせでいいのです」

―シングルソールかダブルソールかはどう選べばいいでしょう?
「当店の場合はすべてシングルソールです。もともと底材は肉厚なものを使っているので、ドレッシーな靴でソールを薄くするべきときは、削いで使うのです」

本記事は2019年9月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 30

1 2 3 4 5 6 7 8

Contents