Sunday, November 22nd, 2015

Top of the World

トップ・オブ・ザ・ワールド

1960年代から70年代にかけて、黄金期にあったスイスのサン・モリッツは、国際派の
ジェット族にとって楽園のような冬のリゾート地だった。彼らの社交場となったのが、
親しみを込めて“ザ・パレス(宮殿)”とも呼ばれたバドルッツ・パレス・ホテルだった。
by nick foulkes

ザ・パレスのスケートリンクに設けられた、固めた雪でできたバーで、真昼のカクテルを楽しむ滞在客たち(1947年)。

 ピーター・サーステットの哀愁漂うバラード『Where Do You Go To(My Lovely)?』では次のように歌われている。

「どこへ行くんだい、美しき人よ? 雪が降るとき、君はサン・モリッツにいるのさ。他のジェット族とともに……」

 19世紀の小説に親しんでいる人ならば、スイスがかつては夏のリゾート地であったことをご存じだろう。無防備な旅行客を猛吹雪で立ち往生させる雪は、名物どころか厄介者だったのだ。しかし、ヴィクトリア女王時代の末期になると、名門バドルッツ家がサン・モリッツを“冬の保養地”として紹介し始めた。

 一族の御曹司であるカスパー・バドルッツは、ホテル・ボーリヴァージュを購入した。カスパーは1890年代にボーリヴァージュを拡張、その結果、同ホテルはまるで要塞のように見事な外観を誇るようになった。これ以降、ボーリヴァージュは“ザ・パレス”として知られることになる。

 こうして冬の観光事業は軌道に乗ったが、冬のスポーツはまだ定着していなかった。むしろ強調されたのは、高地がもたらす医学的なメリットや、ザ・パレスで滞在客を楽しませる豊富な社交行事だった。ところが1928年、サン・モリッツが冬季オリンピックの開催地に選ばれたことにより、状況は一変した。25カ国から464人の選手が参加した同大会は、その後の冬季オリンピックと比べるとかなり小規模ではあったが、サン・モリッツがウィンタースポーツの本場として評判を得るきっかけとなった。

 1930年2月19日、スポーツ愛好家の一団がザ・パレスに集合し、スキー競技会の準備をすべく、クラブを結成することにした。“ コルヴィリア・スキークラブ”と名付けられたそれは、世界屈指の裕福層のクラブとなった。

 創設メンバーとして名を連ねたのは、母語はさまざまだが、ウィンタースポーツへの愛を共有する国際色豊かな面々であった。ジャンニ・アニェッリのような実業家もいれば、ベントレー モーターズの元オーナー、ウルフ・バーナートのような怖いもの知らずのスポーツマンもいたし、ロスチャイルド家のお歴々やココ・シャネル嬢までが参加していた。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 07
1 2 3 4 5 6 7