Thursday, November 3rd, 2016

BIRTH OF A LEGEND:
THE ROLEX ‘PAUL NEWMAN’ DAYTONA

伝説の誕生―ロレックスの
“ポール・ニューマン”デイトナ

ハリウッドスター、ポール・ニューマンは、いかにして現代のコレクターが垂涎する
ロレックス「デイトナ」の代名詞になったのか。
by wei koh
Issue07_P109

 ポール・ニューマンのもっとも有名な役は、まるで聖人のような本当の彼自身とは正反対だった。『ハスラー』では、傲慢そのものの“ファスト”エディ・フェルソンを演じ、西部劇の『ハッド』では、ぞくぞくするような冷血漢、ハッド・バノンに扮した。そして、スチュアート・ローゼンバーグが手がけた名作『暴力脱獄』では、アンチヒーローを演じ切り、アメリカ映画界に金字塔を打ち建てた。

 3人は救いがたいダメ人間だが、実生活でのニューマンは、あらゆる分野において優れた人物だった。ジョアン・ウッドワードと半世紀以上連れ添った夫としては、誠実で愛情にあふれていた。

 また、道徳家であり、政治活動家でもあった彼は、ベトナム戦争へのアメリカの関与に真っ向から反対したことにより、リチャード・ニクソンの敵対者リストの19番目に名を連ねたこともあった。

 しかし、世間を何より驚かせたのは、ニューマンの慈善事業だった。彼は母校、オハイオ州ケニオン・カレッジに1,000万米ドルを寄付し、社会貢献団体、コミッティー・エンカレッジング・コーポレート・フィランソロピーを立ち上げた。

 彼の慈善活動は、1982年に共同設立したニューマンズ・オウンが予想外の成功を収めたことで、さらに大きなものとなった。現在までに、ニューマンズ・オウンの利益から、3億米ドル以上がさまざまな慈善団体に寄付されている。

 ニューマンは重い病を抱える子供たちの施設を建てただけでなく、傑作『明日に向って撃て!』に登場するアジトにちなみ、その施設をホール・イン・ザ・ウォール・ギャング・キャンプと命名した。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 07
1 2 3 4