Thursday, September 6th, 2018

LUCA CORDERO DI MONTEZEMOLO

世界一の洒落者、そのワードローブとは?

text miki takana photography alberto zanetti

ご自宅のリビングルームに飾られていた絵は、Alex Icardというフランス人アーティストによる、モンテゼーモロ氏と奥様のルドヴィカさんのポートレート。クラシックな家具とモダンアートがミックスされたインテリアが印象的だ。

 グレイのスーツも好きだけど、そればかりでは面白くないから色を入れるのも好き。ビジネスシーンではス・ミズーラのスーツも着るけど、週末にはリーバイス501とウインドブレーカーにナイキのスニーカーで過ごしたりもする……というモンテゼーモロ氏。先の“美”のコンセプトに話を戻すと、よい製品は時が過ぎてもその価値は変わらないので、そんなエヴァーグリーンの商品を選んでいれば、おのずとよい着こなしができるということだろう。

 さらに付け加えると、自身のその日の気分にも従うのだとか。

「グレイやネイビーの気分でなかったら、ビジネスシーンでも違う色を着ればいい。流行には左右されないけれど、その日の気分には流されたいと思います」

お手本はケネディだった とはいえ、誰しもが簡単に洒落者になれるものではない。モンテゼーモロ氏の場合は何をお手本にしたのだろう。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 09
1 2 3 4 5 6 7 8 9

Contents