Thursday, September 6th, 2018

LUCA CORDERO DI MONTEZEMOLO

世界一の洒落者、そのワードローブとは?

text miki takana photography alberto zanetti

 昔の服を見せてもらったついでに、クローゼットも拝見することに。“世界で最高の洒落者”の秘密が詰まったクローゼットを紹介しよう。

 洒落者のクローゼットは往々にしてテイストが絞り込まれ、例えば同じような服ばかりだったり、または同じサルトの服で統一されていることが多いが、氏もしかり。好きな職人は決まっていて、スーツならジャンニ・カンパーニャ(昔はトミー&ジュリオ・カラチェニも)、シャツはス・ミズーラならブリッチェッティ、プレタはブルックス ブラザーズ(70年代からのファン)、パンツはロータ、ネクタイはマリネッラかロダ、ニットはバランタイン、靴は革靴ならジョン ロブかチャーチ、モカシンはトッズ、スニーカーはプーマかナイキと言いきる。そして多くのブランドは何十年も浮気せず使い続けている。

 ウェルドレッサーではあるけれど、人間的には飾らない氏のクローゼットからは、純粋に服を愛しているのが伝わってくる。それはきっとビジネス(特にフェラーリ)についても同じなのだろう。クールで上品なジェントルマンとして知られる氏だが、実はその内に熱いパッションを秘める。そしてそのピュアな情熱と素直な愛情によって、偉業を果たしているというのは、何ともイタリアの英雄らしいではないか。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 09
1 2 3 4 5 6 7 8 9

Contents