Thursday, September 6th, 2018

LUCA CORDERO DI MONTEZEMOLO

世界一の洒落者、そのワードローブとは?

text miki takana photography alberto zanetti

フェラーリとモンテゼーモロ氏に関する本は沢山出ているが、リビングには特にお気に入りの、フェラーリ時代の氏の写真を集めた本『LA FERRARI DI MONTEZEMOLO(モンテゼーモロのフェラーリ)』が飾ってあった。机はイタリア人アーティスト、マリオ・チェロリによるもの。

“世界で最もファッショナブルな男”の一人といわれ、さまざまな雑誌において世界のベストドレッサーとしてランクインするモンテゼーモロ氏は“ファッション”というコンセプト自体には個人的には賛同出来ないようだ。われわれにとっては意外なことだが、それに関して自分自身ではこう分析する。

「私は人からよくお洒落の秘訣について聞かれることがありますが、それは私が人と違っているからなのだろうと思うのです。例えば、一般的にはネイビーのダブルのストライプジャケットはビジネスシーンで使うものですが、私はそれにジーンズを合わせたりしていました。そういう型破りなことが評価されるのかもしれませんね」

いつもお洒落なのが本物の洒落者 さらにエルメネジルド ゼニア社CEOにして友人のジルド・ゼニア氏のコメントを引用し、説明してくれた。

「またはこんなこともありました。以前、雑誌『ファイナンシャルタイムズ』で、ジルド・ゼニア氏が、私のことを世界で一番お洒落だと言っている記事を読んだので、ジルドに電話をしてなぜか聞いたら、『君はどんなシーンでもいつもお洒落だからだよ。君の着こなしはどんなときも君らしい』と言われたことがあります。確かにオフィスでのスーツスタイルは素敵だけど、週末はイマイチ、というケースはたくさんあるかもしれませんね。私はいつも自分のセンスで、自分らしさを出せるような服を着るようにしています。トレンドだとか、人がどう言っているかは関係ありません。私の着こなしにとって重要なのはアイテムそのものではなくどう着るか、なのです」

THE RAKE JAPAN EDITION issue 09
1 2 3 4 5 6 7 8 9

Contents